日本を守る!公安や外事警察って一体どんなことをしているの?

オカルトオンラインでご紹介した【オウム真理教がしたことがヤバすぎる】という記事の中とも関係があるのが”公安”や”外事警察”といった日本の組織です。

公安も外事警察もアニメや漫画の部隊になることもありますので、名前くらいは聞いたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

でも、どんな組織でなんのために作られたのかは解らない・・・そこで、今回は、公安と外事警察にスポットを当てて行きたいと思います。

 

公安は「公共の安全と秩序をまもる」ための組織

公安・・・正式名称は公安警察ですが、警察組織のひとつです。つまり公安の人はみんな警察官ということになります。

公安は、警備が主な任務で警察庁警備局がトップとなる警備警察に属しています。警備といっても交番のおまわりさんがしてくれる、見回りや警戒のようなものではなく国家体制を脅かすような脅威を相手にしているのが公安です。

例えば、テロリストとか暴力団、朝鮮総連、新興宗教、社会主義団体、市民活動や右翼団体、極左勢力などが公安の対象です。もちろん警察組織ですから、捜査や情報収集も行いますし、場合によっては逮捕することもあります。

つまり、公安は国の安全を守るために危険だと思われる団体をマークして監視している・・・そして、違法行為があれは逮捕もできるという実に頼もしい組織なのです。

ちなみに、公安の3/1がゼロと呼ばれる極秘任務を行う人達と言われています。ゼロの任務のに内容は都道府県の警察のトップである本部長でも、そして直属の上司でもその内容を知らない・・・。これは、徹底した情報管理と任務の実効性の確保が目的ゼロを警察庁警備局警備企画課 情報第二担当理事官の配下とすることで、情報漏洩を防ぎ、スムーズな動きがとれるようにしています。

こうして日本の安全を守ってくれている公安は、特別高等警察からの流れで結成された組織とされています。戦後、一度廃止された特別高等警察ですが、その代わりに設立されたのが警備課でした。そしてその後、公安になっていったのです。

公安・・・なんて言われるとなんだかよくわからなくて怖い印象があるかもしれませんが、普通に生活している一般市民にとって公安は決して怖い組織ではありません。

むしろ、私たちを危ない団体から守ってくれている影のヒーローのような組織でもあります。オウム真理教の事件などを思い出してみると、公安があることの意味が見えてくるのではないでしょうか。

参考資料:Wikipedia

外事警察とはどんな組織?

外事警察・・・という映画が公開された影響で外事警察と呼ばれることも多い組織ですが、外事課というのが正しい名称です。外事は戦前から日本にある組織で、テロリストや外国の諜報活動の監視、そして、外国かの様々な情報を収集する活動をしています。

created by Rinker
¥300 (2020/11/28 23:47:41時点 Amazon調べ-詳細)

名前から想像がつくかと思いますが、外事課も警察組織のひとつです外事課は公安警察に属する組織で、捜査対象は外国諜報機関の諜報活動、国際テロ、戦略物資の不正輸出、外国人の不法滞在などなど。国際テロリズム対策課なども外事課にあります。

すっごくフランクにざっくり言うなら、外国の危ないやつらを調べたり情報収集をしたり、外国で危ないことに使われそうな日本の技術や物が流出したりしないように見張っているという感じです。

外国で起こった日本人が被害に遭ったテロ事件なども外事の担当になることが多く、警察官ではありますが国内を守るために外国に目を向けている組織・・・。ペルー大使館の人質事件や、アメリカの同時多発テロ も外事課が情報収集にあたりました。

最近では、北朝鮮やロシア、中国などの対日有害活動の摘発と監視も行っています。

私たちが普段、のんびりと平和に生活ができるのは、国という基盤があるからです。その基盤である国家の安全を守るための組織の公安の中でも、さらにテロリストや国家の諜報活動、流出わ担当しているのが外事課・・・。「日本死ね」なんて言葉が流行語になったこともありますが、もし日本が本当に死んで、国がなくなってしまったら・・・ロヒンギャ や難民 のようになる可能性もあります。ですから、国を守るこうした組織は必要不可欠です。

参考資料:Wikipedia

青木理 「日本の公安警察」

内務省警保局編 「外事警察資料 第1巻」

まとめ

日本の警察組織のひとつ公安は、公共の安全と秩序を守るための組織です。そして、その公安に属しているのが外事課・・・外事課と呼ばれることも多い、外事課はテロリストや国家の諜報活動、テロリストなどを対象に捜査をしている機関です。

外事課を含めた公安は、公共の安全と秩序を守ることが目的ですので、私たちが普段接することが多い交番のおまわりさんやスピード違反の取り締まりをしている警察官とはまったく別の仕事をしています。

国家体制をまもること・・・これが公安のお仕事。決して怖い組織ではなく、私たちの生活の基盤ともいえる国を守ってくれる組織です。

関連記事

オカルトオンライン

オウム真理教という宗教団体を知っていますか? おそらく、今、30代後半の方なら「子供の時にニュースになってた」……

オカルトオンライン

ロヒンギャが迫害される理由のひとつに母国を持たないことがあげられます。ミャンマーからもバングラデシュからも「不……

オカルトオンライン

難民の問題について、オカルトオンラインでシリーズでご紹介していますが、今回スポットを当てるのは「インドシナ難民……