実在する呪いの箱「ディビュークの箱」の中身や現在を探る。

オカルトマニアの間でも知る人ぞ知る、呪いの箱「ディビュークの箱」。

箱の中には「悪霊」が封印されていて、開けた者はその悪霊に取り憑かれる、と言われています…。

2000年代にオークション・サイト「eBay」に出品されて以降、歴代の所有者が次々と不可解な出来事に遭遇し、持ち主を転々としたいわくつきのアイテムです。

このディビュークの箱について、

  • 概要
  • 数々の超常現象
  • 箱の中身
  • 箱の現在

などを詳しくご紹介します!

ディビュークの箱とは?

ディビューク(Dybbuk、ディブク)とは、日本語で「しがみつく」という意味のヘブライ語「dāḇaq」に由来する英単語。

東欧で信じられている”悪魔憑きを行う悪霊“のことを指しています。

ディビュークとは「自殺など禁忌を犯したため輪廻転生できず、現世をさまよう悪霊」のことを指し、その悪霊が取り付いた人間に異常な言動をとらせるとされています。

ディビュークの箱を開けると…?

決して開けてはならぬ。

と言われると、是が非でも開けたくなるもの。

ディビュークの箱の歴代の所有者たち数名も、この箱を開けてしまったようです。

ディビュークの箱の歴代の所有者たちは、みんな口をそろえて、

  • 害虫(ガやサソリ)が箱から湧き出てきた。
  • あり得ないものを見たり感じたりした。
  • 髪が抜け落ち、病気を患った。

と証言しています。

箱を手放すことで呪いから解放されるようですが、自然現象とは思えない出来事が立て続けに起こるあたり、悪霊の呪いは本物なのかもしれません…。

ディビュークの箱に入っている物

かつて箱を開けたことのあるKevin Mannis(ケヴィン・マニス)によると、箱の中には以下の物が入っていたそう。

ディビュークの箱の中身
  • ペニー硬化2枚
  • ブロンドの髪の束
  • 黒~茶色の髪の束
  • ヘブライ語が彫られた、金メッキの彫像
  • 乾燥したバラのつぼみ1個
  • 金色のワインカップ1個
  • キャンドルホルダー

    悪魔祓い(エクソシスム)をする際は、

    • 本人が大切にしている物品
    • 本人の身体の一部

    などを使うと効果的とされているため、髪の毛や硬化・ワインカップは、悪霊を封印する際に入れられたものと考えられます。

    参考記事:The Dibbuk Box A.K.A. The Haunted Jewish Wine Cabinet

    ディビュークの箱の現在

    現在のディビュークの箱は、ラスベガスにある「ザック・バガンズのお化け博物館」に展示されています。

    出典:トリップアドバイザー「ザック・バガンズのお化け博物館」

    前の所有者がラビ(ユダヤ教の宗教的指導者)に悪霊の封印を相談し、方法は定かではありませんが「ディビュークを封印することができた」と言われています。

    つまり今、おばけ博物館にある箱の中には、ディビュークが封印されているということ。

    開けなければ、外見はただのキャビネットにしか見えません。

    しかしいわくつきと言われると、決して開けたくはありませんね…。

    本物のディビュークの箱が使われた!?映画『ポゼッション』

    映画『ポゼッション』では、この箱を手にした家族の”事実に基づく29日間”が描かれています。

    出典:IMDb「ポゼッション」

    オカルトチックでありながら、フィクションとも言い切れないリアリティも感じ、そのストーリーや超常現象に惹き込まれる作品でした。

    映画では、本物(とされている)ディビュークの箱を使って撮影されたシーンもいくつかあるそう。

    そのせいか、映画の撮影中、

    • 密室なのに冷たい風を感じた
    • いきなり電球が割れた
    • 箱を保管していた倉庫が突如炎上した

    といった、数々の超常現象が発生しています。

    「フィクションにもリアリティは必要」とよく言いますが、蛾にしろ呪いの箱にしろ、本物を使うのはヤバすぎる…。

    そんな製作陣の意気込みと作品のリアリティも感じながら、ぜひ映画をチェックしてみてください。

    サクッと観れて適度に怖い。おすすめです!