CATEGORY

社会の闇に切り込む

ミャンマーでクーデター!?一体何が起こっている?

2月1日の午前中に飛び込んできたビックニュース。ミャンマーでミャンマー軍が大統領やアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相を拘束し軍事クーデターが起こりました。 一体、ミャンマーで何が起こったのでしょうか。

女性を誘拐し性奴隷にしていた!?異常犯罪者「デビット・パーカー・レイ」

何人もの女性を誘拐し、自身の拷問部屋で女性を痛めつけ楽しんでいた男「デイビット・パーカー・レイ」 彼が手にした女性は10〜60人を超すと言われているのです。 今回の記事ではそんな彼の生い立ちから死去までの間を詳細に紹介していきたいと思います。 興味のある方は是非ご覧ください!

【映画化】人間狩りを楽しんでいたサイコパス野郎「ロバート・ハンセン」

アメリカアラスカ州アンカレッジにて、1971年〜1983年にかけて17〜21人の女性を殺していた「ロバート・ハンセン」。 売春婦を人里離れた荒野に連れ出し、強姦や拷問、極め付けは「人間狩り」を楽しんでいたサイコパス野郎なのです。 映画化もされており、観た人に恐怖を植え付けているのです。

未解決のまま時効が成立した誘拐事件「江東区小5女児誘拐殺人事件」

今回は未解決のまま時効が成立してしまった「江東区小5女児誘拐殺人事件」について紹介していきたいと思います。 この事件だけに限らず、最近は小さい子供の命や体を狙った犯罪が急増しています。 そのような事件から子供を守るための教養としてこの事件を知ってもらいたいと思っています。 是非最後まで読んでいただけると幸いです。

【未解決事件】少年臀肉切り取り殺人事件:長編

今回紹介する臀肉事件(でんにくじけん)別名野口男三郎事件(のぐちおさぶろうじけん)とは、1902年(明治35年)3月27日の東京府麹町区下二番町(現在の千代田区二番町)で発生した未解決殺人事件です。 この事件では少年が何者かによって殺害され、お尻の部分(臀部)の肉を切り取られたという事件です。

極秘資料の大量流失!!!「警視庁国際テロ捜査情報流出事件」

2010年に警視庁の極秘ファイルが流出した事件をご存知ですか? この流出ファイルには「国際テロ組織の捜査情報」や「アメリカ軍」に関する情報などがいくつか乗っていたそうです。 このファイルは全世界で約1万人を超えるひとたちが受け取ったと報告されています。 今回の記事ではそんな機密資料流出事件について紹介します。

【未解決事件】明治に起きた未解決事件「青ゲットの殺人」

今回紹介する「青ゲットの殺人」とは、雪の降る夜に青い毛布を頭からかぶった男が訪ねてきて1人を連れ出し、2人目を連れ出し、3人目を連れ出し、そしてみんな死んだと言う怪事件です。 今回の記事ではそんな青ゲット事件について詳しく紹介していきたいと思います。

異常性癖!異常犯罪者!最悪を兼ね備えた殺人鬼「アルバート・フィッシュ」

皆さんはアルバートフィッシュと言う人物を知っているでしょうか。 アルバートフィッシュは「人間から排泄物まで食べてしまう狂人」です。 今回の記事では、彼の生い立ち、性癖、事件について紹介していきます。 この記事では性的表現、グロテスク表現を多用していますので、苦手な方はお控えください。

怪人説が浮上している毒ガス散布未解決事件「マッド・ガッサー事件」

今回紹介するのは昔に怪人説が浮上していた「マッドガッサー」事件です。 毒ガスを使い人を襲う恐ろしい怪人だと言われていたのです。 この事件による死者はおらず、国家ぐるみの実験ではないのか?との陰謀説も出ています。 今回の記事では、そんなマッドガッサー事件について詳しく紹介していきたいと思います。

シリアルキラーの語源にもなったIQ160の天才殺人鬼「テッド・バンディ」

今回の記事で紹介するのは、シリアルキラーの語源にもなったIQ160以上の天才殺人鬼「テッド・バンディ」についてです。 このシリアルキラーは中でもカリスマ性がずば抜けており、女性人気もあるのです。 それに加えて、この物語は映画化され視聴者をも虜にしたそうです。 今回の記事では映画にも触れているので興味のある方はぜひ!

謎の人物によって射殺された「ベラ・ライト」事件の真相とは?

今回は謎の人物によって射殺された「ベラ・ライト」について詳しく迫っていきたいと思います。 この事件では、当時22歳で工場勤務だった「ベラ・ライト」は、頭を撃ち抜かれて死亡しました。 この事件ではいくつかの人物が起訴されたのですが、無罪となり今では未解決となってしまいました。

1876年に毒殺された法廷弁護士「チャールズ・ブラボー」

今回は毒殺に関する未解決事件です。 当サイトでは、過去にも毒殺に関する未解決事件を公開しています! 今回の事件の被害者「チャールズ・ブラボー」は法廷弁護士だったのにもかかわらず謎の人物によって毒殺されてしまったそうです。 この記事では、そんな事件の詳細について詳しく迫っていきたいと思います。

未解決事件「ピル治験女性バラバラ殺人事件」の全容

今回紹介する未解決事件「ピル治験女性バラバラ殺人事件」は1986年に、ピルの治験ツアーに参加した日本人女性が殺害された事件です。 捜査機関は決死の捜査をしたのですが、2020年現在も犯人の特定・犯人逮捕に至っていないのです。 実質迷宮入りとなってしまった事件です

フランスで起きた日本人主犯の猟奇的殺害事件「パリ人肉事件」

今回紹介するのは「パリ人肉事件」です。 この事件は1981年(昭和56年)フランスで起こった猟奇的殺害事件です。 犯人は日本人留学生の佐川一政であり、友人だったオランダ人女性をピストルで射殺し、死姦後に彼女の肉を食したというものです。 聞いたら分かるとおり、いかにもサイコパス的な事件を今回は取り上げていきます。

【中国の未解決事件」美人ホステス殺害事件。中国共産党による力動いていた?!

今回紹介する未解決事件は「中国人美人ホステス殺害事件」です。 今事件は今から十数年前に発生した殺害事件で、今もなお犯人は捕まっていないのです。 なお、この事件の裏には中国共産党などの政府関係者による強い権力が働いていると囁かれているのです。 今回の記事ではそんな未解決事件について詳しく迫っていきます。

13年間人を殺し続け、その肉を食していた史上最悪の殺人犯「ジェフリー・ダーマー」

今回は「ミルウォーキー食人鬼」について紹介します。 犯人は「ジェフリー・ダーマ―」と言う人物で、1978年から1991年にかけて17人もの青年を殺害し続けたのです。 殺害した青年を「死姦」「死体切断」「死体を食す」「性奴隷ゾンビ作成」「脳みそに穴をあけてその中に塩酸や熱湯を注ぎこむ」といったサイコパス行動をしていた

【未解決事件】4人以上の子供を殺した事件「オークランド郡チャイルドキラー」

今回紹介する「オークランド郡チャイルドキラー」は1976年と1977年に、オークランド郡のミシガン州で、4人以上の子供が犠牲になった未解決殺人事件です。 容疑者達は見つかっていませんが、子どもに対してレイプ行為や殺害行為を行ったのです。 残念なことに犯人の特定には至っておらず、いまだ未解決事件なのです。

IQ150超え!アメリカ史上最低最悪の天才殺人鬼「ロドニーアルカラ」

アメリカ史上最悪の連続殺人犯の1人として知られている「ロドニー・アルカラ」。 ロドニーはアマチュアのカメラマンとして活動し、モデルになってもらった女性に対して性的暴行を加え殺害していたのです。 今回の記事ではそんなIQを悪用した天才殺人鬼「ロドニー・アルカラ」について紹介していきたいと思います

1902年に起きた妊婦が刺殺された事件「ローズ・ハーセント」

今回は妊婦が切り裂かれると言った悲惨な事件を紹介します。 この事件では正式な判決が出される前に容疑者が死亡してしまうといった、イギリスの歴史上まれな結末を迎えてしまったのです。 現在では他殺なのか?それとも事故死?なのかははっきりと解っていないのです。

【未解決事件】『八王子スーパー強盗殺人事件』の真相 -10- 【考察シリーズ】

【八王子スーパー強盗殺人事件」:本記事筆者 テンペ・ワゾウスキによる考察】 -犯行時の様子- 犯人(実行役)が被害者3人を事務所内に押し戻した後、犯人は拳銃で稲垣さんを脅し、矢吹さんと前田さんそれぞれの片手同士を拘束させた(拘束に用いたのは自身で持ち込んだ粘着テープ)。次に—

【未解決事件】『八王子スーパー強盗殺人事件』の真相 -7- 【考察シリーズ】

【事件の容疑者】-元自衛官の男- この男の存在は「週刊文春 (2001年11月22日号)」が報じたことで明るみになった。 同誌は「ナンペイ事件の犯人の実名を挙げた暴力団関係者(以下:A)の手紙がある」と報じた。この手紙は、別件で拘留されていたAが別の拘置所の知人に宛てたもの。 この手紙によれば—

【未解決事件】『八王子スーパー強盗殺人事件』の真相 -5- 【考察シリーズ】

【怨恨説】-1. 稲垣さんは生前に人間関係のトラブルを抱えていた- 稲垣さんを知る関係者によると、稲垣さんは気性の荒い性格であったという。それ故に、人間関係のトラブルが度々あったといわれている。このトラブルというのは、いずれも男性絡みであった。 例えば、飲食店で連れの男性を激しい口調で罵倒している様子がしばしば目撃されていたほか—

【未解決事件】『八王子スーパー強盗殺人事件』の真相 -4- 【考察シリーズ】

【強盗説】-1. 店のセキュリティ面に問題があった- 本事件の舞台となった「ナンペイ」は、セキュリティ面においてその建物の造りに瑕疵(かし)があったこと、経営陣を含めた従業員の防犯意識が希薄であったことは否定できない。 例えば、同店は店舗内と事務所が建物内で行き来できない造りになっており、売上金を事務所内に保管するためには—

【未解決事件】『八王子スーパー強盗殺人事件』の真相 -3- 【考察シリーズ】

【発砲した時刻について】 稲垣さんが知人男性に電話をかけてからこの銃声が鳴るまでは、約2分30秒であったといわれている(ウィキペディアより)。これは事務所電話の通話記録と銃声を聞いた人の証言から算出している。 これに基づけば、3人は事務所を出てからおよそ2分ほどの間に事務所内に押し戻された上、殺害されていることになる。しかし—