『プラスチックでできた紙幣』があるって知ってました?

当然ながらほとんどの紙幣は紙製

日本を含めて、アメリカドルやユーロの紙幣は『紙』で作られています。
特に日本円の紙幣は、紙幣偽造を防ぐために世界でもトップレベルの様々な印刷技術を用いて、あらゆる対策が施されいます。

そんな中、驚きの偽造対策を施している国があります。なんと紙製ではなく、合成樹脂で作られた「プラスチック紙幣」があるんです。

created by Rinker
¥1,980 (2020/09/21 15:03:42時点 Amazon調べ-詳細)

合成樹脂で作られてる『プラスチック紙幣』とは

これは、名前どおりにプラスチックで作られている紙幣なのですが、厳密に言えばプラスチックを含んだ合成樹脂を使用しているため、『ポリマー紙幣』という名で広く知られています。

1988年にオーストラリアで導入されたのが始まりで、現在では世界20カ国以上で同技術を用いた紙幣が発行されています。

中でもカナダの紙幣はデザインとても綺麗で、紙幣の一部が透明になっており向こう側が透けて見えます。

従来、紙幣に用いるの原材料として、耐久性がある綿日本では三椏)が使用されてきた。だが、これらの材質は一般でも調達可能であり、偽造紙幣を製造することも可能であった。なお、布(西郷札)や皮革(ドイツのノートゲルト)で作られた紙幣などもあるが、あくまで例外的である。

世界で最初に紙・布・皮以外の素材を使用した紙幣として発行されたのが、デュポンが開発したポリエチレン繊維による合成紙(商品名タイベック “Tyvek”)によるものである。アメリカ合衆国の民間紙幣印刷会社であるアメリカン・バンクノート・カンパニー英語版が1980年代前半に生産したもので、実際にコスタリカ(20・100コロン紙幣)とハイチ(1・2・50・100・250・500グールド紙幣)がタイベックによる紙幣を発行した。

また、エクアドルエルサルバドルホンジュラス、およびベネズエラの紙幣も試刷されたがこちらは正式に発行されなかった。これらの紙幣は印刷されたインクが熱帯の気候のために溶け出すという事例があり耐久性に問題があった。またイギリスのプリンタ・ブラッドベリ・ウィルキンソン社も、タイベックを使用したマン島(イギリス王室属国)の1ポンド紙幣を1983年から1988年に製造したが、その後はタイベックを使用した紙幣は生産されなくなった。

これは、タイベックは印刷が可能で丈夫な材質であったが、透かしといった偽造防止技術を取り入れる事ができず、また地模様といった多色印刷ができないうえに、流通しているうちに印刷インクが磨耗する欠点があったためである。

その後、現在見られるようなポリマー紙幣がオーストラリアで開発された。ポリマー紙幣の導入目的は通貨のセキュリティを向上させるものであった。オーストラリアでも1967年に通貨偽造事件が発生しており、近年のカラーコピーの飛躍的な性能向上に伴う偽造事件の増加が懸念されていた。そのため1968年からRBAはCSIROとの共同研究を始め、紙幣に対する偽造防止として1972年に提案された技術が基になった。

この技術とは、透明な合成樹脂のフィルムに白いインクを印刷し不透明化したうえで従来の印刷を行い、その上に流通しても磨耗しにくくする保護膜をコーティングするものである。またOVD(特殊ホログラム)を入れる部分は印刷をしないため、向こうが透けて見える。またこの合成樹脂による紙幣用紙は非繊維質かつ非多孔性の素材であり、紙による紙幣と比べて、耐久性や防水性に優れ、耐用年数が長く、機械加工がし易い上に、引き裂きにくくて、再使用も可能である。

難点といえば、生産コストが高く熱に弱いこと。そして従来の紙による紙幣よりも手捌きが異なるため、現金自動支払機紙幣識別機で扱うために、特別な技術を開発する必要があったことである。だが、ポリマー用紙の確保と高度の技術が必要であるため、偽造するのが困難であり、カラーコピーに対する偽造防止技術を、ポリマー紙幣に盛り込むことも可能であるため、紙幣の偽造抵抗力が飛躍的に向上した。

また、製造コストが高くても長持ちするため、結果的に安上がりになる利点がある。そのため、オーストラリアなどでは、一般に使用頻度が高く寿命の短い低額面から、ポリマー紙幣が導入された。

ポリマー紙幣(Wikipedia)

紙幣の偽造対策は年々厳しくなっている

世界でも基軸通貨として名高い日本円、米ドル、ユーロの3つは、やはり偽造犯罪の対象になりやすいのが事実です。
印刷原盤さえ手に入れてしまえば、刷るだけで大金持ちになれますからね。

偽造対策として、印刷のインクそのものに細工を施したり、ブラックライトで反応する帯をつけたり、超高密度・超高精度のプリンターでなければ印刷できない細かな模様をつけたり、と、本当に様々な対策が施されています。

そんな中で世界的に注目を集めてるのがブロックチェーン技術

発行から始まり、誰の手に渡って、誰が今持っているのか。それらを全て記録する技術です。

現在ブロックチェーンを用いているのはビットコイン等の仮想通貨がメインですが、今後はキャッシュレス化が進む事もあり、国はブロックチェーン技術に注視しています。

50年後には貨幣制度そのものがデジタル通貨に変わっているかもしれませんね。