【新型コロナも?】ウイルスは洗剤で感染力が弱まる?

新型コロナウイルスの感染拡大で休校になったり、緊急事態宣言が発出されて外出自粛になったり・・・。私たちは今までにしたことがない体験をしました。

感染の第2波が心配される中ではありますが、少しずつ店頭に戻ってきた「マスク」や「消毒液」を見てちょっと安心している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

感染症対策のアイテムとしてマスクや手指の消毒液、そして、キッチン用アルコールなどが一時的に品薄だったことは記憶に新しいところです。また売り切れるんじゃ・・・と心配している方もいらっしゃることでしょう。

そんな方に朗報!実は新型コロナウイルスに効果が確認されたもののひとつに界面活性剤があるんです。それも、ホームセンターなどでよく見る製品にも使われている一般的なものです。

洗剤が新型コロナウイルスに効果あり?

新型コロナウイルスの消毒には、アルコールや次亜塩素酸が効果的と言われていました。

アルコール度数が高いお酒を消毒液の代わりにしてもいいよ・・・という異例の発表もありましたよね。新型コロナウイルスに関しては早い段階からアルコール消毒の効果が認められていましたから、アルコール消毒液が飛ぶように売れたというわけです。

そんな中で、新型コロナウイルスに効果があるとされたのが、洗剤に使用されている界面活性剤です。

洗浄をしっかり正しくすることが感染症対策の基本・・・でも「アルコール消毒液じゃなくて洗剤なの?」って思ってしまいますよね。もちろん、新型コロナウイルスにはアルコール消毒液が有効とされていますが、洗剤に含まれている界面活性剤の中に新型コロナウイルスに効果があるものがあることが解ったんです。

界面活性剤とは

界面活性剤とは、石鹸や洗剤の主成分として使われるもの。

性質を簡単に言ってしまえば、通常の状態では混ざらないもの同士を親水基と疎水基という性質で親和させる・・・つまり混ぜ合わせることができるのが界面活性剤です。

環境へのダメージも心配されている物質ではありますが、この界面活性剤の一部で、新型コロナウイルスへの効果が確認されたのです。

新型コロナウイルスに効果がある界面活性剤

経済産業省によると、新型コロナウイルスに効果があると確認された界面活性剤は次のものです。

 

  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム
  • アルキルグリコシド
  • アルキルアミンオキシド
  • 塩化ベンザルコニウム
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル

です。

経済産業省によるとこれらの界面活性剤で「0.05~0.2%に希釈した界面活性剤を20秒~5分間反応させ、ウイルスの数が減少することを確認しました。(引用:経済産業省

この成分を含んでいる洗剤の具体的に商品名も公表されました「PDF」このリストを見てみると、花王のバスマジックリンやキュキュットハンドマイルドなどホームセンターでよく見る商品名がずらりと並んでいます。

created by Rinker
キュキュット
¥257 (2020/09/24 10:18:15時点 Amazon調べ-詳細)

この洗剤を適切に使用することで、新型コロナウイルスの感染対策になるのです。

もちろん、手指の消毒には使えませんし、噴霧もしないようにと注意換起されていますので使用方法はしっかりと製品ごとに確認する必要があります。

ですが、アルコール消毒液じゃなくてもちゃんと正しく使用すれば消毒ができることが解ったのは大きな一歩です。

リストの中には、トイレやお風呂の洗剤もありますので、トイレやお風呂ついたウイルスが心配という場合にもオススメです。

まとめ

新型コロナウイルスの感染対策といえば、アルコール消毒液やマスク・・・ですが、洗剤などに使われている一部の界面活性剤にも新型コロナウイルスへの効果があると確認されました。

具体的な界面活性剤の種類と、使用されている製品についてはリストが公開されているのでアルコール消毒液が手に入らない・・・アルコール消毒液を節約したいという場合には、洗剤を適切に使用していきましょう。

もちろんアルコール消毒液と全く同じように使用できるわけではないので、使用方法は製品ごとにちゃんと確認してくださいね~。

参考資料:厚生労働省 新型コロナウイルス感染症の発生に伴う高濃度エタノール製品の使用について
(改定)