悩むことで成長できる?克服のためには”悩み分解”がオススメ

シフクのお悩み相談広場にようこそ^^

ここは様々な”悩み”にスポットを充てて、具体例やどうしたらいいのかをいろんな角度から探っていく・・・。そんな広場です。

 

シフクのお悩み相談広場、記念すべき最初の記事は”悩み”についてです。

悩みとは解決して成長するチャンスかもしれない

 

どんな人にでも”悩み”はあるものです。

人間関係やお金、家族、健康、仕事などなど、幸せそうに見えても悩んだ経験が無い人はいないでしょう。

悩みはもちろん嬉しいものではありません。ですが、コレばかりは生きている限りついて回るものでもあります。

私たちは、様々な場面で悩みに直面し苦悩します。

辛いし泣きたいし苦しいし・・・だけど、視点を変えれば、その悩みは私たちにとって”成長”のチャンスでもあるんです。

人が成長するきっかけのひとつには、悩み・・・つまり起こった問題を理解して克服し、乗り越えるというプロセスが含まれています。でも、実際に、悩みを抱えて苦悩している時に「そんな成長とか言われてもどうしたらいいのか解らない」と思うはず。

そこで、今回は”悩み”にどう向き合えば”解決”のきっかけをつかめるのかを考えて見ましょう。

created by Rinker
¥5,500 (2020/09/27 05:28:30時点 Amazon調べ-詳細)

そもそもどうして悩むの?

悩みと一言で言ってもいろいろなサイズ感があるかと思います。

小さいサイズ感の悩みであれば例えば「レストランのメニューで悩む」とか「どの色の服を買うかで悩む」というものも広い意味では悩みです。

ただ、レストランでメニューを決められないとか、服の色で悩むことで精神をすり減らすことはまずありませんよね。

それはどうしてなのか・・・それは、小さいサイズ感の悩みとは自分で解決できるものがほとんどで、悩んでいるというより迷っているという表現の方がぴったりくるんです。

それに対して、サイズ感が大きな悩みとなると深刻度はかなりのもの。

人間関係が上手くいかないとか、借金を抱えているとか、いじめにあっているとか・・・。こうなると自分の力で解決が難しいんです。これこそ、まさに悩み!

苦悩して神経をすり減らし、体調不良の原因になることだってあるかもしれません。

人が悩むとき”自分の力や判断で解決できない”という状況に追い込まれている可能性が高いのです。

悩みは人生の重要な場面で発生しがち

悩みは、時に人生の重要な場面で発生します。

例えば、大失恋をして「もう誰も好きにならない」と思ったり、会社でミスをして「やめてやる」と思ったり。

だけど、その後には起死回生のチャンスがあったり、自分が変わる・・・つまり成長するきっかけになったりすることもありあます。

つまり、悩むような事が起こっているというとは、自分が視野を広げたり経験値を獲得するチャンスでもあるんです。

悩みを分解して解決する方法

自分の力や判断では解決できそうにない悩み・・・もちろん、中には時間が解決する問題もあるかもしれません。でも、自分で努力してもどうしようもないという悩みがある場合、先行きの見えない不安がより大きくなってしまいます。

ですが、そういった悩みの原因に対してただ途方に暮れていても解決はしません。

分解してみると意外と・・・

では・・・悩みの原因を理解して分解していくというのはどうでしょう。バラバラにしてみれば、ひとつひとつは以外と①小さくて、頑張れば解決できるものかもしれません。

もし、どう分解しても「自分では解決できない」ということが解れば、誰かの助けを借りるという選択肢もあります。

悩みにアプローチするためには、ただやみくもに落ち込んで途方に暮れるのではなく「どうすれば少しでも現状がよくなるのか」を考えることがポイントです。

悩みを分解してどうしたらいいのかと考えることを始めれば、それは悩みではなく思考に変化します。

仮に、それが自分ではどうしようもないという答えだったとしても、何も考えないよりずっと克服に近づいているのです。

自分でどうしようもなくても大丈夫!

自力でダメなら他力!助けてくれる人がいないか、いれば助けを求めればいいのです。もし回りに誰もいなければ、助けてくれる制度はないか、どんな人に相談するのが効率的かを考えるというステップに移行すればいいのです。

分解して考えることをしなかったら、ただ途方にくれるだけ。ですが、考えることを始めればできることはたくさんあるはずです。

大きな悩みであればあるほど、克服した後の自分の経験値は上がります。悩みを乗り越えた先には新しい自分がいる・・・。悩みを抱えているという時は「ただ途方にくれる」のは最初だけにして、どこかで”悩みを分解して解決する”という方向にシフトするように心がけたいものです。

05