CATEGORY

2000年以降

スウェーデン人女性ジャーナリストバラバラ殺人事件 -2-

これは「スウェーデン人女性ジャーナリストバラバラ殺人事件」に関する記事の【パート2】です。本編をお読みになる前に、ぜひとも【パート1】からお読みください。 スウェーデン人女性ジャーナリストバラバラ殺人事件 -1- &nb......

北九州監禁殺人事件 -6-

これは「北九州監禁殺人事件」に関する記事の【パート6】です。本編をお読みになる前に、ぜひとも【パート1】からお読みください。 北九州監禁殺人事件 -1- 北九州監禁殺人事件 -2- 北九州監禁殺人事件 […]

北九州監禁殺人事件 -8-

これは「北九州監禁殺人事件」に関する記事の【パート8】です。本編をお読みになる前に、ぜひとも【パート1】からお読みください。 北九州監禁殺人事件 -1- 北九州監禁殺人事件 -2- 北九州監禁殺人事件 […]

北九州監禁殺人事件 -9-

これは「北九州監禁殺人事件」に関する記事の【パート9】です。本編をお読みになる前に、ぜひとも【パート1】からお読みください。 北九州監禁殺人事件 -1- 北九州監禁殺人事件 -2- 北九州監禁殺人事件 […]

北九州監禁殺人事件 -10-

これは「北九州監禁殺人事件」に関する記事の【パート10】です。本編をお読みになる前に、ぜひとも【パート1】からお読みください。 北九州監禁殺人事件 -1- 北九州監禁殺人事件 -2- 北九州監禁殺人事 […]

北九州監禁殺人事件 -7-

これは「北九州監禁殺人事件」に関する記事の【パート7】です。本編をお読みになる前に、ぜひとも【パート1】からお読みください。 北九州監禁殺人事件 -1- 北九州監禁殺人事件 -2- 北九州監禁殺人事件 […]

島根女子大生死体遺棄事件 -4-

これは「島根女子大生死体遺棄事件」に関する記事の【パート4】です。本編をお読みになる前に、ぜひとも【パート1】からお読みください。 島根女子大生死体遺棄事件 -1- 島根女子大生死体遺棄事件 -2- 島根女子大生死体遺棄事件 -3-   被疑者死亡 執念ともいえる根気強い捜査によって、ようやく事件の被疑者を掴んだ合同捜査本部。ところが、被疑者である矢野は平岡さんの遺体発見の2日後(200 […]

島根女子大生死体遺棄事件 -3-

これは「島根女子大生死体遺棄事件」に関する記事の【パート3】です。本編をお読みになる前に、ぜひとも【パート1】からお読みください。 島根女子大生死体遺棄事件 -1- 島根女子大生死体遺棄事件 -2-   事件の契機 事件発生(平岡さんが行方不明となった日)から3年が経ち、事件は死体遺棄罪の公訴時効を迎えてしまう。そこで警察は本事件を殺人事件として扱い、公訴時効の適用を回避。これにより、捜 […]

島根女子大生死体遺棄事件 -2-

これは「島根女子大生死体遺棄事件」に関する記事の【パート2】です。本編をお読みになる前に、ぜひとも【パート1】からお読みください。 島根女子大生死体遺棄事件 -パート1-   事件の解説 2. 時系列でみる事件の経過 2009年 10月26日 平岡さん アルバイト勤務終了後、消息を絶つ 10月28日 平岡さんの両親が捜索願を提出   11月2日 島根県警が行方不明となった平岡さ […]

島根女子大生死体遺棄事件 -1-

“臥龍山(がりゅうざん)の山頂近くで女性の頭部が見つかった” 龍が伏臥*(ふくが)するような広大な山容と、美しい紅葉の彩り。*伏せること 龍の山の頂き付近で、ひとりの登山者が遭遇した”無機質な女性の顔”。 それから山中のあちこちで遺体の一部が次々と発見される。 それはひとりの女子大生でした―。 「島根女子大生死体遺棄事件」の概要 事件が発覚したのは2 […]

新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件 -後編-

これは「新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件」に関する記事の【後編】です。本編をお読みになる前に、ぜひとも【前編】からお読みください。 新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件 -前編- 事件発覚 歌織 走査線に浮上 歌織の夫・祐輔さんの死亡—。 それは夫の上司が現場マンションの防犯カメラの映像をチェックしたことで明らかになった。 映像からは夫(部下)がマンションに入った様子が確認できるが、それ以降外出し […]

新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件 -前編-

“女の若さと美しさは金に換えられる” 東京都渋谷区にある高級デザイナーズマンション。そこで外資系投資会社に勤める夫と共に暮らしていた妻。それは俗に”セレブ”と呼ばれる暮らしぶりであった。 2人の間に子はなく、そこは愛の巣。いや、それならばまだよかった—。   「新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件」の概要 2006年(平成18年)。 東京都渋 […]