CATEGORY

オカルト

存在自体が奇跡!レオナルド版『最後の晩餐』を知り尽くそう【連載No.9】

15~16世紀のイタリアで活躍し「万能の天才」と称される人物、レオナルド・ダ・ヴィンチ。 そんな「天才」というイメージや、『モナ・リザ』を始めとする有名な絵画を描いた画家の印象が強いレオナルドですが、この連載では「レオナルド・ダ・ヴィンチの素顔」に迫るべく、彼の少年時代から晩年までを、彼が制作した絵画を通してご紹介しています。 連載の第6回からは、レオナルド・ダ・ヴィンチの全盛期とされる「ミラノ時 […]

ロシアの幻の宇宙飛行士

ソ連のガガーリンが人類初の宇宙旅行に成功した裏側には、いくつもの公になっていない幻の宇宙飛行士たちの犠牲があったのかもしれない。 1960年代から語られているソ連の宇宙開発に関する都市伝説を紹介。 宇宙飛行士の死はなぜ、こんなにも胸につまるのだろうか?

レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画を鑑賞できる美術館8選

「レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた絵画作品が鑑賞できる美術館」をご紹介していきます。レオナルド・ダ・ヴィンチが生涯に製作した絵画は、わずか十数点しかありません。つまり、彼の作品をすべて自分の目で鑑賞することは、実はそれほど難しいことではないのです。

遺体が見つからない!?子供5人が犠牲になった火災事故「ソッダーチャイルド」

皆さんは死んだはずの人から手紙が届いたらどのような反応をとりますか? 恐怖や不気味さを感じると共に、少し嬉しさを感じるかもしれませんね? 今回紹介する話はそのような不思議な話です。 この事件は現代に至っては未解決となってしまっている事件です。 気になるかたは是非最後まで読んでみてください!

極秘資料の大量流失!!!「警視庁国際テロ捜査情報流出事件」

2010年に警視庁の極秘ファイルが流出した事件をご存知ですか? この流出ファイルには「国際テロ組織の捜査情報」や「アメリカ軍」に関する情報などがいくつか乗っていたそうです。 このファイルは全世界で約1万人を超えるひとたちが受け取ったと報告されています。 今回の記事ではそんな機密資料流出事件について紹介します。

モナ・リザと並ぶ傑作肖像画『白貂を抱く貴婦人』『ラ・ベル・フェロニエール』の魅力【連載No.8】

イタリアのルネサンス期に生まれ、当時の芸術の中心だったフィレンツェや、水の都・ヴェネツィア、ミラノなどで活躍した、万能の天才「レオナルド・ダ・ヴィンチ」。 彼の実際の活躍や天才たる所以を、彼が描いた絵画を通して紹介する連載も、今回で8回目になります。 第6回からは、レオナルド・ダ・ヴィンチの全盛期と言われたミラノ時代を紹介しており、この記事ではその中でも「傑作」と称される、 『白貂を抱く貴婦人』 […]

【未解決事件】明治に起きた未解決事件「青ゲットの殺人」

今回紹介する「青ゲットの殺人」とは、雪の降る夜に青い毛布を頭からかぶった男が訪ねてきて1人を連れ出し、2人目を連れ出し、3人目を連れ出し、そしてみんな死んだと言う怪事件です。 今回の記事ではそんな青ゲット事件について詳しく紹介していきたいと思います。

140年以上花が添えられ続けている「キャロライン・ウォルターの墓の謎の花束」

今回は「キャロライン・ウォルターの墓の謎の花束」という話を紹介していきます。 この都市伝説はドイツでかなり有名な話で、この伝説を聞きつけた人が実際に訪れているそうです。 今回の記事ではその話だけではなく、仏教における先祖供養についても触れているので興味のある人はぜひ読んでみてください!

異常性癖!異常犯罪者!最悪を兼ね備えた殺人鬼「アルバート・フィッシュ」

皆さんはアルバートフィッシュと言う人物を知っているでしょうか。 アルバートフィッシュは「人間から排泄物まで食べてしまう狂人」です。 今回の記事では、彼の生い立ち、性癖、事件について紹介していきます。 この記事では性的表現、グロテスク表現を多用していますので、苦手な方はお控えください。

怪人説が浮上している毒ガス散布未解決事件「マッド・ガッサー事件」

今回紹介するのは昔に怪人説が浮上していた「マッドガッサー」事件です。 毒ガスを使い人を襲う恐ろしい怪人だと言われていたのです。 この事件による死者はおらず、国家ぐるみの実験ではないのか?との陰謀説も出ています。 今回の記事では、そんなマッドガッサー事件について詳しく紹介していきたいと思います。

シリアルキラーの語源にもなったIQ160の天才殺人鬼「テッド・バンディ」

今回の記事で紹介するのは、シリアルキラーの語源にもなったIQ160以上の天才殺人鬼「テッド・バンディ」についてです。 このシリアルキラーは中でもカリスマ性がずば抜けており、女性人気もあるのです。 それに加えて、この物語は映画化され視聴者をも虜にしたそうです。 今回の記事では映画にも触れているので興味のある方はぜひ!

ゾワゾワとする後味の悪い未解決事件「オーラング・メダン号」

実在した幽霊船「メアリーセレスト号」。 それと同様の船が実際に存在するのです。 それが「オーラング・メダン号」です。この船は船員が突如として謎の死を遂げた幽霊船です。 一体、この船で何が起こったのいうのでしょうか?興味のある方は是非最後まで読んでもらえたら幸いです!

【超ハードな酷道】ボリビアのデスロードが怖すぎた

命をかけなければ通れない道・・・8000メートル級の登山などではなく国道でありながら、命をかけなければ通れない"デスロード"と呼ばれる道がボリビアにあります。正式名称はユンガスの道というボリビアのデスロードをご紹介します。

謎の人物によって射殺された「ベラ・ライト」事件の真相とは?

今回は謎の人物によって射殺された「ベラ・ライト」について詳しく迫っていきたいと思います。 この事件では、当時22歳で工場勤務だった「ベラ・ライト」は、頭を撃ち抜かれて死亡しました。 この事件ではいくつかの人物が起訴されたのですが、無罪となり今では未解決となってしまいました。

1876年に毒殺された法廷弁護士「チャールズ・ブラボー」

今回は毒殺に関する未解決事件です。 当サイトでは、過去にも毒殺に関する未解決事件を公開しています! 今回の事件の被害者「チャールズ・ブラボー」は法廷弁護士だったのにもかかわらず謎の人物によって毒殺されてしまったそうです。 この記事では、そんな事件の詳細について詳しく迫っていきたいと思います。

12世紀イギリスの昔話「グリーンチルドレン」は実話だった?!

世界では地域によって昔から言い伝えられている昔話や伝説などは必ずありますよね。 今回紹介する「グリーンチルドレン」はイギリスで言い伝えられている昔話です。 この話は、昔はただの作り話だと思われていたそうですが、最近になり実話ではないのか?という説が浮上し始めたのです。

『東日流外三郡誌』は偽書?本物である3つの証拠

『東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)』という謎とロマンに満ちた古文書は知っていますか? 『東日流外三郡誌』の内容については前回くわしく紹介しましたので、興味のある方はぜひ前回の記事から読んでほしいのですが……要約すると、邪馬台国の王である「ナガスネヒコ」が東北に逃れ、津軽で「アラハバキ族」を結成して大和朝廷と戦争をしていた……というのです。 1983年に出版された『東日流外三郡誌』は、歴史学界 […]

100年以上研究が続いた「ツングースカ事件」ついに事件の真相が明かされる?

今回は「ツングースカ事件」について紹介していきたいと思います。 「ツングースカ大爆発」とも呼ばれており、この事件ではシベリアのツングースカ上空で巨大な火の玉が爆発し、周囲に広がる森が約2,150平方キロメートルにわたって破壊された事件です。 今回はそんな「ツングースカ事件」について紹介していきたいと思います。

世界最恐のサイコパス双子「ジューンとジェニファー」

今回は「ジューンとジェニファー」という双子について紹介していきたいと思います。 この双子はただの双子ではなく「変わりすぎて双子」なのです。 喧嘩や殺し合いをしたり、反社会的行為を繰り返していたのです。 今回の記事ではそんな「ジューンとジェニファー」について詳しく解説していきたいと思います。

【犬鳴村】福岡県の心霊スポットランキング!【閲覧注意】

オカルトオンラインではこれまで数々の心霊スポットをご紹介してきましたが、その中でも特に『怖さ、危険度、ヤバさ』などなどを考慮して編集部がランキングにしています。 今回は『福岡県の激ヤバ心霊スポットランキング』として、福岡県各地にある本当にヤバい心霊スポットをお届けいたします。 ※あくまでもオカルトオンライン編集部の独断と偏見となりますのでご理解下さい※ 心霊スポット記事の諸注意 ・ご紹介している心 […]

未解決事件「ピル治験女性バラバラ殺人事件」の全容

今回紹介する未解決事件「ピル治験女性バラバラ殺人事件」は1986年に、ピルの治験ツアーに参加した日本人女性が殺害された事件です。 捜査機関は決死の捜査をしたのですが、2020年現在も犯人の特定・犯人逮捕に至っていないのです。 実質迷宮入りとなってしまった事件です

【閲覧危険】熊本県の心霊スポットランキング!

オカルトオンラインではこれまで数々の心霊スポットをご紹介してきましたが、その中でも特に『怖さ、危険度、ヤバさ』などなどを考慮して編集部がランキングにしています。 今回は『熊本県の激ヤバ心霊スポットランキング』として、熊本県各地にある本当にヤバい心霊スポットをお届けいたします。

【戦後最大の偽書】『東日流外三郡誌』とは?わかりやすく紹介

『東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)』という古文書を知っていますか? 東北の和田喜八郎という人の家に保管されていた古文書です。古代から近代に至るまでの東北の知られざる歴史が記されており、『和田家文書』とも呼ばれます。 邪馬台国の王である長髄彦(ナガスネヒコ)は、初代天皇である神武天皇に敗北。ナガスネヒコは東北に亡命し、アラハバキ族を結成して大和朝廷と戦争をしていた……などなど、信じがたいものの […]

【危険極まりない】大分県の心霊スポットランキング!

オカルトオンラインではこれまで数々の心霊スポットをご紹介してきましたが、その中でも特に『怖さ、危険度、ヤバさ』などなどを考慮して編集部がランキングにしています。 今回は『大分県の激ヤバ心霊スポットランキング』として、大分県各地にある本当にヤバい心霊スポットをお届けいたします。 ※あくまでもオカルトオンライン編集部の独断と偏見となりますのでご理解下さい※ 日本有数の温泉地帯である大分県ですが、中には […]

『竹内文書』は偽書?本物である3つの証拠

『竹内文書』という謎とロマンに満ちた古文書は知っていますか? 『竹内文書』の内容については前回くわしく紹介しましたので、興味のある方はぜひ前回の記事から読んでほしいのですが……要約すると、日本人はムー大陸の子孫で、超古代文明が存在する世界の中心だった、キリストも釈迦も日本に来て天皇に仕えた……というのです。 そんなトンデモな『竹内文書』ですから、書かれている内容が本物だと信じている人はほとんどいま […]