ENTRY
02月17日12時30分

月のサイクルに合わせてセルフケア②~12ヶ月で美習慣~

前回に引き続き、月のサイクルに合わせたセルフケアのお話をお送りいたします。 女性はいくつになってもキレイになりたい!と思うもの。 だけど、いろんな方法はあるけれど、自分に合う方法がわからないという女性も多いです。ということで、自分に合った方法をみつけていきましょう。そのための第一歩は自分のカラダのことを知ること。 その中で、今回は、美脚にむけて大切なことをお伝えいたします。

美脚への第一歩には、足首のケアを!

「足首にクビレが欲しい」「足首をほっそりさせたい」という想いをもつ女性は多いのではないでしょうか?
そして、「美脚になりたい!」「脚のむくみをすっきりとさせたい!」と思う女性も多いのではないでしょうか。
昔の私もそうでした。とにかく「脚、細くなれ~」「脚の形きれいになれ~」なんて常々思っていました。
そういった願いを叶える第一歩として重要なのが、足首です。
今回は、この足首についてお話をしていきます。

「そんなこと、知っているし」という方にこそ読んでいただきたい!
なぜなら、ご自身の足首に対する考え方が少し変わります。
この考え方をまちがっていることや知らないことが、美脚になれない盲点。
足首を一度見直して、望む脚になりましょう!

さて、質問です。「足首ってどこですか?」

「足首ってどこですか?」

突然の質問でごめんなさい。私の講座では、こういった質問から始まります。
ということで、この文章を読んでくださっているアナタも、「足首はここ」って触ってみてください。触ることのできない状況の方は、「足首がどこからどこまで」と言葉にしてみてください。

さぁ、「ここです」とはっきりとわかりましたでしょうか?

実は、足首にかかわらず、「このあたりかな」という反応が多いです。それほど、人は曖昧なままカラダを動かしています。
そのため、ついて欲しくないところに「脂肪」や「筋肉」がついてしまって「美ボディ」から遠ざかっていきます。

アナタの足首を見直してみましょう

足首って医学用語ではないのです。
調べていくと、「くるぶしあたり」「足の関節」などと時と場合によって変わっていくようです。

 次回、セルフケアの動画をお伝えしますがその際の「足首」とは、足の関節のことです。

足の関節ってどこかわかりますか?
かかとより少し前にあります。
くるぶしで曲がるイメージを覚えてくださいね。
イメージをしっかりとしてカラダを使うことで、

  • 疲れにくくなる
  • 美しいボディラインが手に入る

といいことがあります。

曖昧に使うことで、曲げる位置が間違っていたり、使う位置が間違っていたりするとブス脚になりかねません。それは、嫌ですよね?
ですので、足の関節を意識してケアすることや、歩くことで、脚は変化していきます。

今回は少し、難しい話を多くしました。次回は、動画で楽しく足首のセルフケアを学びましょう!

この連載の担当は・・・

月のサイクルに合わせてセルフケア②~12ヶ月で美習慣~
プロフィール
安藤友美 1985年2月19日生
女性のカラダをボディメイク

元バリエステサロンオーナー。
セラピストとしてやエステ講師として様々な女性のカラダとココロと触れ、自分で自分のカラダを知る大切さを知ってほしいと考えるように。
動画などでセルフケアを伝えることや、講座をして美と健康について知ってもらう活動をしている。

女性向けメールセミナー
幸せを引き寄せる体質になるボディメイク
http://www.reservestock.jp/subscribe/7200