【職場の妊婦様】妊娠を理由に女王様になった後輩

妊娠はとてもおめでたいこと…

ですが、妊娠を理由に傍若無人な態度をとって周囲を人を困らせる迷惑な妊婦さんも全くいないわけでありません。

いわゆる「妊婦様」と呼ばれる人たちですが、今回は会社の後輩が妊婦と同時に女王様のようになったというお話です。

 

妊娠発覚で女王様状態に!会社に寝に来る後輩

私の部署に春に移動してきたI子は、ちょっと天然タイプの子…。少し変わっているなとは思っていたのですが…妊娠した途端に女王様状態になってしまいました。

妊娠したという最初の報告は、なんと、妊娠検査薬の段階でした。今朝、妊娠検査薬を使ったら陽性だったからよろしくお願いしまーすと朝のミーティングで言い出した時にものすごい違和感を覚えました。

その日からI子は、遅刻して会社にやってきて疲れた~といってデスクで一眠り。起きてランチはしっかり食べてから「つわりかも」といって休憩室で爆睡。起きてきたら、残っている仕事を私や他の社員に押し付けて帰る。

created by Rinker
ゼブラ(ZEBRA)
¥3,309 (2020/09/21 20:38:07時点 Amazon調べ-詳細)

という感じ。

なのに、SNSには「仕事早退してカフェ~ストレスは赤ちゃんにもママにも毒だよね。お仕事変わって貰っちゃった☆」という投稿・・・。

出社して、とりあえずデスクに座っているときに、仕事を頼んでも返事だけは良くて手もつけない。ギリギリになってから他の人がやる。本人は寝ているかゲーム…下手すりゃ会社に来ないか早退という状態でした。

彼女の仕事を振られることが一番多かった私はイライラマックス!あるとき「仕事しないならこないで!」といったら「マタハラだ」と泣き出す始末。上司も「マタハラだなんて騒がれたら面倒だから」とスルー。

残業してまでI子の仕事を負担したせいで3キロ体重が減り、楽しみにしていたスポーツ観戦を泣く泣く諦めたこともありました。

このまま産休に入って、働きもせず、お金を貰いながら子育てするのかと思うとものすごい怒りが沸いてきました。

他にも妊娠していて働いている社員はいますが、I子のようなことはしません。妊娠していても会社ではちゃんと働くのが常識だと言っていたので、I子の態度にはびっくりしました。

そもそも、妊娠ってプライベートなことなのに、たにんや会社に迷惑をかけてもいい・・・配慮されて当たり前・・・っていうこの感じ。おかしいですよね。

あるとき、I子がお昼過ぎに電話をしてきて「明日は休む」と…。その時はとても忙しい時期でついそっけなく電話を切ったんです。

そしたらI子は「妊娠してるのに」「仕方ないのに」「感じ悪い対応されて胸くそ悪い」と企業名を名指しでSNSに投稿。これが社内で大問題になり…なぜか「電話対応したのは誰だ?」とまるで私が犯人扱い。

いくらなんでもこんなのはおかしいと思った私は、部長に直談判することにしました。

妊娠してるからって働かないでお給料を貰って、対応が気に入らないからSNSに投稿するなんておかしい…と。

部長も同じ意見でした。

息巻いたI子は労基にいってやる!弁護士だ!とが散々騒いでいたのですがここで登場したのが、うちの顧問弁護士でした。

顧問弁護士に状況を説明すると「マタハラには当たらない」とのこと。

むしろ、会社で寝ている・・・働かないというのは解雇してもいいのではないかという意見でした。

その後、上司を通じてI子には注意があったわけですが、当然聞かない「私は妊婦だからみんなに大事にされないといけないの」と訳のわからないことを言ったそう。勤務態度はますます酷くなり、とうとう会社に昼過ぎに来て、何もしないで帰るようになりました。

そして「せめて、仕事ができないときは早めに言って」といった私に「妊娠したことがない人にはこの辛さは解らない。ギリギリまで頑張っているんだ」「産まないならせめて支えろ」「子供は宝なの、解らないの?バカじゃないの?」と罵声を浴びせてきました。これに私より先にキレたのが、直属の上司。

「ハラスメントをしているのはI子だ」といってその場で「会社は仕事をする場所だ!働く気がない人がくる場所じゃない!帰れ」発言。これには周りもビックリしました。

I子はマタハラだといって労基に駆け込んだそうですが、勤務態度が酷すぎて問題にされず・・・。納得できずに、弁護士事務所も回ったそうですが、どこからも断られて最後のプライドだったのか、辞表を提出しました。

私も、妊娠している人には配慮したいと思う方でしすし、周りには産後に職場復帰した経験がある人もいましたが、全員が「あれはおかしい」とのことでした。

 

相手が妊娠していたとしても、おかしいことはおかしいと言って良いんだと良い経験をしました。

 

配慮はありがたいもので当たり前ではない

配慮・・・妊娠している人に対して、子供がいる人に対して、病気や怪我をしている人に対して・・・必要な優しさです。

ですが、それはして貰う側が「当たり前」「してくれなかったらおかしい」という発想になったら配慮ではなく、非常識に変わってしまうこともあります。

今回の妊婦さんはかなりひどいいわゆる逆マタハラ状態になっていたようですし、職務を果たしていないわけですから、会社を辞めることになったとしてもマタハラではありません。

もし、困った妊婦様が近くにいる・・・という場合は、毅然とした態度で接することも重要かもしれません。