ベテルギウスが明るくなってきた?結局、爆発するの?

2019年の末頃から天文ファンの間で“ベテルギウスが暗くなっている”と話題になりました。

ベテルギウスについてはオカルトオンラインでも【ガンマ線バーストで人類滅亡?ベテルギウスの超新星爆発が近い?】

という記事でちょっとわくわくするような宇宙イベント”超新星爆発”への期待を込めてご紹介してきました。ですが、ここに来てベテルギウスさんにまた変化が現れ始めたのです。

ベテルギウスが暗くなっていたのは事実!

冬の夜空のエースと言ってもいいオリオン座のベテルギウスが暗くなっている・・・オリオン座の明らかな変化に気づいた人もたくさんいました。

実際、2019年末頃にオリオン座を見上げると「あれ?なんかいつも違うような・・・」という感じ。

created by Rinker
KADOKAWA
¥186 (2022/12/06 02:32:56時点 Amazon調べ-詳細)

オリオン座のアルファ星であるベテルギウス・・・つまりオリオン座で一番明るい星たったハズが、なんだか2番手のベータ星リゲルより暗い!ってゆうか、他の2等星とあまり変わらないように見えるほど暗くなっていました。

実際に、ベテルギウスを長年観測してきた方のデータでもベテルギウスは観測史上類を見ないほどの減光をしていたのです。

超新星爆発の兆候なのでは?と話題に

かつて無いほどの減光を見せたベテルギウスさんに、天文ファンや天文学のプロフェッショナルはにわかに活気づきました。

それは、なぜか・・・実はベテルギウスは、かねてから「もうすぐ超新星爆発を起こす恒星」として注目されてきたからです。超新星爆発とは、恒星の派手な最期のこと。派手にどっかーーーんと大爆発を起こして華々しく散る!その光は地球からもはっきりと目視できる程だと推測されているんです。

 

 

ベテルギウスが超新星爆発を起こしたら、最大で満月の100倍もの明るさで地球からも見える・・・そんな大スペクタクルの天文ショーが近いのではないかと期待されたのです。

実際に、ベテルギウスまでの距離は約640光年と宇宙サイズで見ればご近所さんです。超新星爆発そのものは広大な宇宙のどこかで起こっている現象でそんなに珍しいというわけではないらしいのですが、こんなに近くで見れるとなるとかなりレアな体験になることは間違いありません。

参考資料:Wikipedia

ベテルギウスさん2020年に入って明るさを取り戻しだした

「超新星爆発か?」「とうとうくるのか?」とザワザワさせてくれたベテルギウスさんですが、20202年2月頃から増光に転じました。

超新星爆発を期待していた人にとってはちょっと「えっ?!」というニュースでもあるのですが、もともとベテルギウスさんは明るさが変わる”変光星”という星でした。

ただ、それを加味してもなお2019年からの減光は今までにないものだったのです。では、なぜベテルギウスさんは明るさを取り戻したのか・・・それは、ベテルギウスが放出した塵で光がさえぎられたせいではないかと考えられています。

つまりベテルギウスさんが暗くなったのではなくて、塵で光が届きにくくなっていたというんです。もちろん、これは一説ですから、別の原因があるのかもしれません。例外的に何かが起こって暗くなった・・・ただ、そのはっきりした理由はわからないままです。

参考資料:ベテルギウスの減光がついにストップ。増光の兆しを見せる

紳士用 大容量 メンズ ボストンバッグ レザー 手提げ ゴルフバッグ トラベル 旅行 出張 カバン ベテルギウス周辺のどこか ショルダーベルト付き
MillsMagnificence

結局、ベテルギウスは超新星爆発するの?しないの?

暗くなったり明るくなったりして結果的に私たちをドキドキワクワクさせてくれるベテルギウスさんですが、いつになるかはわからないものの、超新星爆発を起こして中性子星になることはほぼ確実と言われています。

それは明日かもしれないし、100年後かもしれません。

「だって今、爆発してもみれるのは640年後なんでしょ?」とおっしゃる方もいます。もちろんその通りで仮に今、この瞬間にベテルギウスが超新星爆発をしていたとしたら、地球から見れるのは640年後になります。

ですが、そもそも今、夜空で暗くなったり明るくなったりしているベテルギウスもまた640年前の姿。今見えているベテルギウスがすでに「超新星爆発の候補」ということは、もし、ベテルギウスに瞬間移動できたら、爆発をした後かもしれないということですね。

いずれにしても、今現在のベテルギウスを観測する方法など私たちは持っていないのですから、この時差を難しく考える必要はありません。

ベテルギウスはいずれ超新星爆発を起こしますが、それを観測できるかは運次第ということです。

まとめ

2019年末から前代未聞の減光を見せて、同じオリオン座のリゲルよりず暗く見えていたベテルギウスさんですが、2020年2月゛頃から明るさを取り戻しています。

減光が今までに無いレベルだったので「超新星爆発か?」と話題になりましたが、どうやらベテルギウスは自分゛放出した塵で自らの光を遮っていたのではないかと言われています。

いずれ超新星爆発をすると言われているベテルギウス・・・私たちが地球からベテルギウスの壮大な最期である超新星爆発を観測できるかは運次第です。