人体実験をしていた・・・731部隊とは

大戦中に人体実験が行われていた…九州大学生体解剖実験をオカルトオンラインでも、ご紹介しましたが、他にも人体実験が行われていた事実があります。

満州に拠点を置いていた「731部隊」です。感染症予防や生物兵器の開発のために活動していた部隊なのですが、ここでも人体実験が行われていました。

created by Rinker
KADOKAWA
¥2,420 (2020/09/21 16:10:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

731部隊ってどんな部隊?

731部隊は戦時中の満州に拠点置いていた日本軍の部隊の一つです。初代隊長は石井四郎陸軍軍医中将でした。部隊の役目は兵士への補給や感染症予防のための活動と研究、そして、細菌兵器の開発も行っていました。

 

生物兵器を実践的に使っていた

当時の日本は戦争の真っ只中…ではありましたが、この当時から、生物兵器や化学兵器の使用は条約で禁止されていました。ですが、禁止されていたのは使用のみ…つまり、開発や保管は禁止ではなかったんです。

ともなると、大国に勝利するために日本も化学兵器や細菌兵器の開発を行います。そんな背景があって、731部隊では実践的に生物兵器や化学兵器を使っていたとされています。ノミなどを媒介して細菌をばらまくための研究も行われていて、実際にペストが散布されたという証言も飛び出しています。

簡単に言うとかなりヤバい部隊だったわけですが、この731部隊でも人体実験が行われていたんです。

731部隊の人体実験

731部隊の元隊員の証言によると、731部隊では人体実験が行われていたそうです。もちろん、同意はありません…。

実験の対象になったのは、送られてきた捕虜やスパイ容疑をかけられた人でした。マルタと呼ばれた実験対象者の中には一般市民や女性、子供も含まれたとされています。女性は性病の実験に使われることが多く、他にも生体解剖や細菌兵器の実験に人体実験が行われました。

正確にどのくらいの人数の人が実験対象者となったのかは解りませんが、少なくとも人体実験が行われていたのは事実でしょう。

 

ある証言によると

「ワクチンなしでペスト菌を注射されたその男性は(中略)、2、3日後には、高い熱が出て顔色が悪くなり、その翌日くらいには瀕死の状態で顔が黒っぽく変わっていきました。(中略)この男性はまだ息のある状態で裸のまま担架に乗せられ、私たちが待機している解剖室に運ばれてきました。(中略)大山軍医少佐から「はじめよう」の命令がでました。細田中尉が、目でメスをわたすように私に合図します。足かせ手かせで固定された男は、カッと目を見開き、この凶行を確かめるように首を回しましたが、体の自由はききません。男は無念の涙を目にたたえ、天井の一点を見つめています。何か叫びを発しようとしているようですが、乾ききった口からは声は出ず、わずかに口を動かすだけです。男の首をなで回していた細田中尉が、右手のメスでズバリと頸動脈に沿って切り下げました。血がジューッと流れ出しました。男は、ペスト病の苦しみと、切りさいなまれた痛さで首を左右に振り回します。そのたびに顎にかかっている首かせが食い込み、ついにガクリと首をたれ失神しました。私はあわてて血を抜き取りました。(中略)ビタカン(ビタミン剤とカンフル剤を混合したもの)を4本打っても、男の鮮血を絞ることはできません。「鬼子ッ!」男は憎しみの火と燃える一言を絞り出すとスーッと顔色が代わり、呼吸が止まりました。「解剖刀をよこせ」細田中尉は、解剖刀を逆手に握ると、上腹部から下腹部へ得意然として切りさいなみ、骨を切るノコギリを引いて肋骨を引き切り、内臓の全部を露出させました。」

引用 Wikipedia

細菌を実験対象者の身体に入れた上で、発症させた後に生体解剖を行う…のが731部隊の人体実験の方法だったそう…。他にもガス室での実験や、水だけを与えて何日生きていられるか…、すべて血を抜くなどの実験が行われていたとされています。

なぜ、731部隊でこんな実験が行われたかというと、ひとつは日本本土ではなかなか出来ない実験だった…という理由があったそうです。

 

731部隊人体実験の証拠はあった?

731部隊で人体実験が行われていた証拠のほとんどは、ソ連が満州に侵攻してきたとき爆破されています。戦時中の日本の行動に関しては、慰安婦問題のように捏造されたものもあるので「人体実験をしていた・・・なんてほんとなの?」と思ってしまうのも事実。

ですが、元隊員の証言や旧陸軍軍医学校跡地で発見された人骨の存在などから考えても、人体実験の事実は少なからずあったと考えていいでしょう。

「戦争に勝つため」という大義名分のもとで、東大や京大を卒業したエリートがこのような犯罪行為に手を染めたのです。

まとめ

戦時中に満州に、設置されていた731部隊では生体解剖や細菌、水だけを与える、すべての血を抜くといった人体実験が行われていました。

対象者となった人はマルタと呼ばれ、実験材料として使われ亡くなっていきます。九州大学生体解剖事件とならんで戦時中の日本のグロテスクな歴史のひとつがこの731部隊で極秘で行われていた人体実験でした。

 

参考資料: 常石敬一 『七三一部隊 生物兵器犯罪の真実』 講談社現代新書 1995年、135-163頁 ISBN 978-4061492653

松村高夫「旧日本軍による細菌兵器攻撃の事実」月刊保団連2012.8.No.1102,全国保険医団体連合会

Wikipedia

 

都市伝説・オカルト・怖い話・心霊スポット|オカルトオンライン

九州大学生体解剖事件では、生きたままの捕虜にに対して”肺を切除”したり”薄……

都市伝説・オカルト・怖い話・心霊スポット|オカルトオンライン

九州大学生体解剖事件では、生きたままの捕虜に対して薄めた海水を注入したり、肺を切除する実験が行われ、8名の捕虜……