異常な食習慣をもつ「タッラール」の真相!

1722年ごろに異常な食習慣で有名であった「タッラール」について今回は紹介していきたいと思います。

タッラールは異常な食習慣で有名であり、食べても食べても空腹が満たされることがなかったそうです。

今回の記事ではそんな「タッラール」について詳しく解説していきたいと思います。

食習慣が異常だったタッラール

彼は異常な食習慣を持っており、食べても食べても空腹が満たされることはなかったそうです。

そんな彼を養うことのできない両親は彼を家から追い出したのでした。

その後、彼は窃盗と売春の一団と共にフランスを巡業し、いかさま師の前座芸人になったのです。

彼は、コルク、石、生きた動物、バスケットいっぱいのりんごを呑み込んだりする芸を持っていたのです。

そこでは大道芸人として働いていたのです。

created by Rinker
¥1,155 (2020/11/24 04:12:00時点 Amazon調べ-詳細)

タッラールの人生

子供時代

タッラールは1772年ごろ、フランスの田舎リヨンの近くで生まれました。

子供の時からタッラールは食欲旺盛で13歳から19歳までにたった1日で、自身の体重の重さの去勢した雄牛の4分の1を食べることができたのです。

この時両親はすでにタッラールを養うことができずに、彼を家から追い出したのです。

その後数年間、彼は窃盗と売春の放浪をする一団と共に国内を巡業し、食べ物の物乞いをして過ごしました。

そして、いかさま師の前座芸人として雇われました。

コルク、石、生きた動物、バスケットいっぱいに入ったりんごを飲み込む様に食べる姿は群衆を引き寄せたのです。

何かとうまくいっている様に見えますが、とある芸がうまく行かずに腸閉塞を患ったのです。

治療後に鎖付きの懐中時計を飲み込んだりする芸を実演し見せようと申し出たが、医者はもしそんなことをするなら切り開いて腹から取り出すよ警告したそうです。

外見と行動

ここまで話を聞いたら、体が大きくと太っていると想像しますよね。

しかし、彼は異常な食欲だったのにも関わらず、スリムで身長は並だったのです。

髪の毛は細く柔らかく、口は異常に大きく、歯はひどく汚れていました。

そして、両唇はほとんど見えない状態だったのです。

腹の皮膚のたるみを胴の周りに巻きつけることができたそうです。

お腹いっぱいの時は「巨大な風船」のようになっていたそうです。

彼の体は熱を持っており、大汗をかき悪臭を放っていました。

両目と両頬は充血し、体からは目に見えるほどの蒸気が立ち昇っていたのです。

未だにタッラールの行動の原因は知られていません。

兵役にもついていた

フランス革命軍にも加わっていました。

しかし、残念なことに軍用糧食は彼の食欲を満足させるには不十分だったのです。

猫の腹を食いちぎったり、血液を飲んだり、蛇、トカゲ、子犬を含む動物までも食していたのです。

タッラールの治療

タッラールは自身の食欲を治療するために入院をします。

たくさんの療法を試しますが、いずれも失敗してしまいます。

そんな中、彼はこっそりと病院を抜け出し、外の肉屋の臓物肉をあさり、側溝、横町、廃物山で廃肉を求めて野良犬などと争ったそうです。

また、病院の死体仮置き場の死体までも食べようとしていたことが分かったのです。

そして、しばらくして病院内から生後14ヶ月の子供が姿を消し、病院関係者はタッラールに疑いをかけて病院から追い出したのです。

created by Rinker
¥300 (2020/11/24 04:16:58時点 Amazon調べ-詳細)

タッラールの死亡

それから4年後、1798年にヴェルサイユ病院のテーシェルと言う人物が、自分の患者のペルシーに会いたがっていると伝えられます。

実は、その人物はタッラールのことで当時のタッラールはベットに寝たきりの状態で衰弱し切っていたのです。

それから、結核が進行していることが発覚し、間もなく死亡したのでした。

まとめ

いかがだったでしょうか?

なんだか今までに聞いたことのないような不思議な話でしたね。

今回は非常に長いので、簡潔にまとめてみました。

もっと詳しく知りたいと思う方はこちらをご覧ください!