ENTRY
12月20日12時31分

【男性ホルモン】サイレントサインを見落とすな!

年齢の経過とともに身体に変化がでてくるのは、加齢だけではなくホルモンの存在も無視してはいけません。 性別によって分泌されるホルモンは男女によって異なるものもあり、今回は男性ホルモンについてその役割を考えてみましょう。

男性ホルモンってなに?

男性ホルモンはアンドロゲンと呼ばれています。
その中にはほぼ3つのホルモン物質で構成されていて、そのうち95%はテストステロンと呼ばれるホルモンです。
男性ホルモンはそのほとんどが精巣で生成され、男性らしいたくましい身体を作ったり、皮脂の分泌や体毛の発育を促進します。
さて先程、男性ホルモンの95%はテストステロンからできていると伝えましたが、このホルモンはどのような影響を見せるのでしょうか。

テストステロンが多い場合…骨が太く、筋肉が大きくがっしりとした体型になります。すね毛やヒゲは濃くなり、性格面では決断力と行動力に優れています。

テストステロンが少ない場合…ふっくらとした顔立ちで、体毛やヒゲは薄い。穏やかで人当たりのよい人が多いです。これは男性でも分泌されている女性ホルモンのエストロゲンの影響を受けているためです。

では、男性ホルモンそのものが少なくなると?

男性ホルモン自体が少なくなってくると、元から分泌されている女性ホルモンの影響が出てきますが、元々の身体は男性のままです。ですのできっとなにかの影響があるはずです。
いったい男性にとってどのようになるのでしょうか。

その代表例が、男性更年期障害です。そうです、主に女性の症状と思われている更年期障害ですが、実は男性でも発症する可能性があるのです。

男性ホルモンの減少で、身体がなんとなく不調で疲れやすく、やる気が低下する症状が出てきます。
女性の場合、急激に女性ホルモンが低下した時に不調を自覚するのとは違い、男性の場合はゆっくりと男性ホルモンが低下するため、更年期障害が発生したタイミングがわかりにくく、体に出る症状より、心に出る症状のほうが先に強く出るので、よく鬱(うつ)と間違えやすいのです。
男性ホルモンが低下する原因は、加齢や肥満などと言われていますが、最大の原因はストレスと言われています。

気になる薄毛のメカニズムと男性ホルモンの関係は?

薄毛を気にされている方はたくさんいますよね。
よく男性ホルモンが強いからとよく噂されていますが、男性ホルモンそのものが薄毛を進行させているわけではありません。
男性型の脱毛症と呼ばれる、テレビCMでも耳にすることがあるAGA(Androgenetic Alopecia)は、成人男性によく見られ、頭髪が薄くなることを意味します。

現在薄毛で悩んでいる人の殆どがAGAです。
早い人であれば20代前半から症状が出始めますが、これは男性ホルモンのうちのテストステロンではなく、ごく少数のDHT(ジヒトロテストステロン)が原因となっています。
DHTは髪や体毛を濃くする働きを持ちますが、同時に毛髪を薄毛化する働きも持っていて、その働きはテストステロンの10倍から100倍の力があると言われています。
最近のAGA治療薬とはこのDHTの働きを抑えてくれるのです。
このDHTの分泌量は個人差があり、遺伝的要素が大きいとも言われています。
しかし、結局はこの遺伝的要素のスイッチがオンになった時に発症するので、スイッチをオンしないように過度のストレスや睡眠不足、アブラ分の多い食事、喫煙などの生活習慣を見直すことが、一番の薄毛予防になるのです。

キーワードは遺伝子スイッチをオンさせないこと

DHTの分泌量は個人差があり、遺伝的要素が大きいとも言われています。
しかし、結局はこの遺伝的要素のスイッチがオンになった時に発症するので、スイッチをオンしないように過度のストレスや睡眠不足、アブラ分の多い食事、喫煙などの生活習慣を見直すことが、他の何よりも一番の薄毛予防になるのです。

最後に、良い男性ホルモンを増やす食材を紹介します。
それは、ネギ、しじみ、やまいもです。
しっかり食べて、ストレスを極力減らし、快適な男らしい生活を満喫して下さい。

この連載の担当は・・・

【男性ホルモン】サイレントサインを見落とすな!
井上 千明
医学博士
健康管理士
健康カウンセラー
ホリスティックラボ主催

http://www.bontec.co.jp

結婚、出産育児、妻、母親そして企業家経営者という体験から、なにか社会の役に立ちたいという意識を強く持ち、現代人の健康と生活に密着した一番大事なものとしての、「水」に注目、美味しく安全なる水を消費者に送り出す。また心身を患う人びとへメディカルアドバイザーの立場から副作用の無いバイオテクノロジーによる薬用飲料の普及活動に携わる。現在は株式会社ボンテックでアドバイザーを務め、健康不安を感じる方からの電話相談を幅広く受けている。