ENTRY
12月26日10時13分

Evernoteをビジネスで使う!「名刺フォルダ」代わりに使うアプリ

Evernoteを手書きの自由帳として、そしてボイスレコーダーとして活用する方法は前回前々回の記事を確認してもらえれば利用が可能になったと思う。 今回はビジネスシーンでは必須である「名刺管理」をEvernoteでやってしまおう、というものだ。

名刺管理を行うアプリ「Cardful」とは?

外出先で取引先の電話番号を調べたい。ビジネスマンにとってはそんな事が日常茶飯事だと思うが、この「Cardful」というアプリを使えば、Evernoteと連携して外出先であっても一瞬で名刺を閲覧することが出来る。
これは非常に良い。なんといっても、分厚い名刺ファイルを持ち歩くことなく、しかも検索機能まで使えて即座に相手先を調べることが出来るのだ。
それも、場所も時間も問わずにそれが可能になる。
これほど素晴らしいアプリは無いだろう。

ではまずCardfulというアプリについて紹介しよう。
まずはダウンロードをしてインストールしてみよう。こちらからダウンロード可能だ。(Cardful

i_use_000832_01

Cardfulの使い方は非常にカンタン

Evernoteで名刺管理をするアプリ「Cardful」の取扱い方法はいたって簡単。
開発元が公開しているYoutube動画を見ればそのカンタン加減が目に見てわかるだろう。

各種ダウンロードはこちら

・Evernote本体(アカウント登録もこちら)
 http://evernote.com/intl/jp/evernote/ このアプリに関する記事はこちら

・手書きカンタンアプリ(iPad)
 Noteshelf このアプリに関する記事はこちら

・ボイスレコーダーとして使うアプリ
 HappyTalkレコーダー このアプリに関する記事はこちら

・名刺管理アプリ
 Cardful