ENTRY
11月11日12時55分

【週刊連載】出会い系サイトにご用心!?(その4)【インターネット法務】

見知らぬ男女が出会えるWEBサイト、いわゆる「出会い系サイト」による被害が問題となっています。 前回までの3回でご紹介しました「出会い系サイト」の詐欺に、よく似た被害事例をご紹介します。

【出会い系】

異性と出会えると誤認させるような誘い文句のメールなどを使って、WEBサイトに登録させ、異性とWEBサイト内でメッセージのやり取りをするよう誘導します。

WEBサイト内のシステムを利用しているため、異性とメッセージの授受をする度に課金されます。ほとんどの場合、異性はサクラで出会えることはありません。あなたにメッセージのやりとりをさせることによって、WEBサイト内でお金を使わせることが目的です。

さらに、次に説明する「お金あげます系」が含まれる場合があり、サクラであろう異性から「お金を渡す」と言われ、今まで使ったお金を取り戻そうと、さらに悪い循環へとハマってしまうこともあります。
前回までの3回でご紹介した事例がこれにあたります。

【お金あげます系】

突然、「お金をあげます」「懸賞に当選しました」というようなメールが届き、そのお金を取得するためにと言われ、専用WEBサイトに登録させられ、そのWEBサイト内で、お金をもらえる条件が提示されます。

例えば、有料メッセージの一定量の送信、事務手数料の支払いなど、が条件として提示されます。ただし、その条件をクリアするためにお金を支払っても、いろんな理由をつけられて、結局、その条件が満たされることはありません。

つまり、「お金をあげます」と言ってきた人は、WEBサイト側のサクラで、WEBサイト内であなたにお金を使わせることが目的です。

【芸能人相談系】

芸能人またはそのマネージャーになりすまして、あなたに相談に乗って欲しいとメールを送信して来ます。

「あなただから、信頼してお願いしている」と言って、ファンの心理を利用して、芸能人なので秘密のサイトでメッセージのやり取りをしたいと、専用のWEBサイトへ登録させられます。そして、そのサイトで、課金制のメッセージを利用させることにより、WEBサイト内であなたにお金を使わせます。

このパターンの場合も、上記の「お金あげます系」が含まれる場合があります。

【占い系】

このタイプのWEBサイトは、占い師が無料鑑定しますと占いサイトへ誘導され、そこで殊更に不安を煽るような占い結果が提示され、さらに、その改善方法を課金制のメッセージでやりとりすることになる、という仕組みです。

「□□にならないようにするために、○○しなさい。○○したら、またメッセージを送ってきなさい。」と占い師に指示され、あなたが「○○しました。」とメッセージを送ると、さらに「今度は△△しなさい。」と、相談と解決方法のやりとりが、有料のメッセージで際限なく続けられることになります。

 

 

(次回へつづく)

この連載の担当は・・・

moritaka1司法書士もりたか法務事務所

代表司法書士 森高悠太

〒564-0062
大阪府吹田市垂水町2丁目3-26-302
Tel 06-6310-1707

フロートクリア
フロートクリア