ENTRY
11月08日12時30分

老化・病気を防ぐ!自己治癒力を高めよう!その3

老化・病気を防ぐ!自己治癒力を高めよう!最終話 MediaDipatch編集局は、健康管理士の井上千明先生に、前回に引き続きインタビューを実施した。

良い体質をつくる食とは?

井上:私達は知らず知らずの間に人それぞれの食の環境によって「体質」というものが決まってきます。

:体質は生まれつきではなく、食べるものによって作られていくんですね?

井上:ええそうです。ですから時代が進むごとに食生活が変化し、今では日常的に世界中の食品が手に入るようになりましたよね。それと同時に化学物質の添加物の多い加工食品やファーストフードを食べるようにもなりました。そうすると昔と今では体質は当然変わってきますよね?

:そう言われると、きっとぜんぜん違うんだろうなと思います。

井上:でも過去の歴史から連なって今になっていることを考えますと、日本人を始め他の国の人々も、ここはあえて民族と申しましょうか、それぞれの民族にはそれぞれの食性があり、それに応じた体質の傾向があることから、その国、その風土に昔からある伝統食を食べることが一番良いとされているのです。今後ますますグローバル化が進んでいくので、日々の生活で食習慣を意識しなければ、正食(正しい食事の摂り方)をしていくことはどんどん難しくなってきます。

:確かに…今は流通が発達してるから人も物も簡単に行き来できる。昔と今を比べると全てにおいて、必要な時間が短くなっているから、体質が変化するのも速いんですよね。そんな現代においてどのようにすれば健康を維持する体質づくりをすることができるのでしょうか?

井上:そうですね、時代に逆らうのも難しいですから、次の3点を常に心の片隅において良い体質づくりを目指すようにしてください。

身土不二 -しんどふじ-

「私達生命ある身体というものが、私達をとりまく自然環境風土とは切り離されない一体のものである。」という考え方です。
私達の身体はその風土、その土地の自然からの恵みとしてできた食べ物をとることで、その環境に適応していけるようになっています。日本人は日本の伝統食をメインとすることをこころがけましょう。

穀菜食 -こくさいしょく-

「人間はその歯の形状からして、穀物を中心とする菜食が適している」という考え方です。奥歯の形は菜をすりつぶすために、たいらになっています。ペットを飼っている方がいらっしゃれば比べてみてください。犬や猫はもともと肉食ですので、奥歯まで尖った形をしています。お肉は美味しいものですが、やっぱり基本は菜食ですね。

一物全体 -いちぶつぜんたい-

「食べ物になるものは、もともと生きた全体としてあるもので、全体が一つのバランスのとれた栄養となっている。」という考え方です。
生きたものをまるごと食することで、いのちをいただくのが正食です。
日本語の「いただきます」にはそのような意味が込められています。

自分にあった健康法とは?

:先生ありがとうございます。一見難しそうに感じますが、よく考えてみると、なんというか、当然なことでもあり、ほんとうなら普通に今までできてきたことなんですね。でもやっぱり健康でいたいと思う気持ちが次々と出てくる健康法を試そうとする方が結構いると思うんですけど、実際にはどうなんでしょうか?

井上:週刊誌やテレビとかで様々な健康法が紹介されていますね。でもその量が多すぎて矛盾に戸惑ったりしませんか?例えば「水をどんどん飲め」というのがあれば、「水はあまり飲まないほうが良い」など、完全に逆ですよね。(笑)これはどちらも正しくてどちらも間違っているのです。

:どっちも間違ってる?それじゃ嘘ってことじゃないですか。

井上:いえいえ、そうとは言ってません。つまり先程もお話した「体質」の前提が抜けてるのですよ。1つの方法ですべての体質の人に効くはずがないのです。つまりその人の持つ体質というものに、その健康法がぴったりあっている時に初めてその健康法は効果を発揮することができます。まず自分の体質の特徴をよく知り、その健康法が本当に自分にあっているかどうかを見極めることが最も大切です。

:なるほど、まずは基本的な生活を中心に、そして自分の体質を自分の目でしっかりチェックして、それからより健康な身体づくりを目指して実践していくのですね?

井上:その通りです。皆さんの体質を知ってこれからの健康に役立つように、次の表をプレゼントします。健康食品などを購入する時に、参考にしてみてください。

:先生長時間ありがとうございました!

chart01

(了)

ゲストプロフィール

老化・病気を防ぐ!自己治癒力を高めよう!その3
井上 千明
医学博士
健康管理士
健康カウンセラー
ホリスティックラボ主催

http://www.bontec.co.jp

結婚、出産育児、妻、母親そして企業家経営者という体験から、なにか社会の役に立ちたいという意識を強く持ち、現代人の健康と生活に密着した一番大事なものとしての、「水」に注目、美味しく安全なる水を消費者に送り出す。また心身を患う人びとへメディカルアドバイザーの立場から副作用の無いバイオテクノロジーによる薬用飲料の普及活動に携わる。現在は株式会社ボンテックでアドバイザーを務め、健康不安を感じる方からの電話相談を幅広く受けている。