ENTRY
01月12日12時30分

【レッスン12・最終回!】美の秘訣・姿勢を整え、魅力的になる12のレッスン

全12回の姿勢のレッスンは、今回で終わりです。姿勢について分解してお伝えしてきましたが、日常で取り入れる要素はありましたでしょうか? 美しい姿勢でいると年齢や性別関係なく、人に見られることが増えます。それほど、姿勢の重要性が知れ渡っているのと、人への印象をあげるにもいいポイントになってきます。自分のカラダは一生モノ。カラダは誰かにかわってもらえないものですので、少しでも気になるなら取り組みましょう!そしてラストにふさわしく今回は「呼吸」のお話! ando

■姿勢と呼吸!?

「姿勢と呼吸って関係あるん?」と思われた方もいるでしょうが、「あります!」と声を大きくしてお伝え致します。
現代人は呼吸が浅くなっているとよく言われます。忙しい生活をしていると、ゆっくりと呼吸をしていられないのでしょう。ですが、腹筋を使った深い呼吸ができないでいると、腹筋がゆるみ、姿勢を保ちにくくなります。結果、腰痛などに・・・
腰痛にならなくても、ぽっこりお腹になってしまうことも多いです。下っ腹がぽっこりという若い女性は、気をつけてくださいね。

■セルフケアも呼吸をとめずに

これまで、姿勢のためのセルフケアなどをお伝えしていきました。セルフケアを対面でお伝えするときによくみかけるのが、“真剣になりすぎて呼吸を止めてセルフケアしている”という現象です。
一生懸命されるのはとても素敵ですが、呼吸はぜったいにとめないでくださいね。
息をはくとリラックスするのですが、それは気持ちだけではなくて、筋肉もゆるみます。
そして、息を吸うと、キュッと神経も筋肉も緊張するのです。筋肉をゆるめるためにしているセルフケアなのに、息をとめちゃうのは勿体無い!というか、ブレーキとアクセルを一緒にふんでいるようなものです。
なので、セルフケアをするときは想いを込めすぎずリラックスして取り組みましょう!

■【復習】姿勢がよくなる3つのポイント

さて、最後なので、毎回お伝えしている、3つのポイントをお伝えして終わりにしたいと思います。
姿勢もスタイルもキレイになる3つのポイントは、下記です。
・余分な力を入れて立たない・座らない
・骨格を“正しい”位置に    

・重心の位置

この3つできているようでほとんどの人ができていません。完璧になる必要はありません。
ですが、カラダは習慣で出来ているためどんな風にカラダを使っているかでスタイルの美しさにもつながっていきます。
このシリーズでは、骨格を正しい位置にという真ん中のお話を重点的にしてきました。最後の今日は、一番の基本といってもいい呼吸のお話をしました。
日常生活におわれて続けられない!ということもあると思いますが、日常生活でする行動の中で、ご自身ができることはないだろうか?と考えて取り入れていただくといいなと思います。
姿勢シリーズをこれまで読んでくださってありがとうございます!姿勢が悪くて怒られたことが何度もある私ですら「いい姿勢ですね」と言っていただけるようになっていますので、地道ですが、やれば得ることができるものですので、コラムが終わっても自分を信じて続けていただけることが私のなによりもの願いです!

オーサー紹介

【レッスン12・最終回!】美の秘訣・姿勢を整え、魅力的になる12のレッスン
プロフィール
安藤友美 1985年2月19日生
女性のカラダをボディメイク
元バリエステサロンオーナー。
セラピストとしてやエステ講師として様々な女性のカラダとココロと触れ、自分で自分のカラダを知る大切さを知ってほしいと考えるように。
動画などでセルフケアを伝えることや、講座をして美と健康について知ってもらう活動をしている。
▼女性のための人生を輝かせるカラダ学
http://ameblo.jp/shiawase-mind-bodymake/