ENTRY
11月25日16時48分

Amazonの新しいデバイス「Fire TV Stick」をテレビにぶっ刺して試してみた結果・・・

オンラインショップの最大手、Amazonがこの秋、とてつもないデバイスを発売した。 なんと自宅にある既存のテレビにこのデバイスを刺すだけで簡単にオンラインで、しかも定額で映画やドラマが見放題になるという、なんともケーブルテレビ局殺しなデバイスだ。 いや、ケーブルテレビだけじゃなく、既存のテレビすら脅威だろう。今回はそんな超必殺的なこの「Fire TV Stick」を試してみた。

なんとテレビに刺すだけの超簡単なウルトラデバイスが4980円!!?

HDMIの端子がついているモニター・テレビであれば何でもOK!
刺してネットの設定をするだけで、オンラインでドラマも映画も見放題なこの夢の様なデバイスは、なんとAmazonオンラインショップで4980円。

音声認識型のリモコンがついても、なんと6480円。(4980円のモノでもリモコンは付いている)

今既に販売されている、GoogleのChromecastや、AppleのAppleTVに対抗した製品として位置付けられている。

今回はこのデバイスを実際に購入し、どんなことができるのか試してみた。

予約をしてから1週間で届いた「Fire TV Stick」

夢の様な商品で、しかもAmazonのプライム会員であれば海外ドラマも映画も見放題。
こんな製品が発売されたら、そりゃ売れるだろう!

案の定、Fire TV Stickを購入しようと思ったら「只今予約受付中」との文字。

売れすぎていて生産が追いついて居ないらしい。
焦らすぜAmazon!

そんなこんなで予約してから1週間ほどで手元に届いた。

1

箱自体はそんなに大きくはない。手のひらに箱ごと十分収まる感じだ。

こんな小さなモノで夢のようなテレビっ子生活が送れるなんて・・・・。
ブラウン管でチャンネルのコマを回していた時代が懐かしい。

早速Fire TV Stickを開けてみた

開封はこの様に横から開ける。
このシールのような感じがなんとも言えない感触の刻み方で、とてもキモチのいい開き方をする。

2

3

内容物は二重底になっていて、この通り。
Fire TV Stick本体と、リモコン、ケーブル類。

4
リモコン用の電池がAmazon製なのもなんとも憎い演出だ。Amazonは徹底しているね。

驚いたのは説明書。

5

これだけ夢のようなデバイスなのに、なんとペラッペラ(笑)
本当に刺すだけらしい。大丈夫なのだろうか。
ちなみにChromecastの時も同じようにペラッペラだったが、設定と使い方はかなりネットで調べさせられた(笑)
Chromecastの二の舞いにならなければイイが・・・。

テレビにぶっ刺してみる

前回のChromecastのレビュー以来、筆者の自宅のテレビにおけるHDMI端子の混み具合はハンパない。
CATVからの出力もHDMI。ゲーム機からの出力もHDMI。何から何までHDMI。1端子や2端子ではとても足らない。

そんな状況を救ってくれたのが、HDMIのハブだ。うん。とても便利なハブだ。刺しまくり。

7

筆者と同じ状況になっている人も多くいるだろう。そんな時は安心してください。ハブだ。


iBUFFALO HDMI切替器 3台用 リモコン付 ケーブルを付け替える必要なく、簡単に切替ができる ブラック BSAK302

テレビを付けるとセットアップが自動的に始まる

Fire TV StickをHDMIにぶっ刺し、電源であるmicroUSBを本体に挿すと、自動的にセットアップが始まる。

8

言語選択をして…

9

ネットワーク環境を選択する。
WiFiが無いとこのデバイスは機能しない。無線LAN環境が必須だ。

10

WiFiのパスワードを入力すると、自動的に繋がる。
つながらない人はその辺のことを設定した人に電話して聞いてください。
まぁ、そんなに難しいモノではないよね。

11

で、接続中。

12

画面が変わったと思ったら、どうやら最新のソフトウェアをアップデートする様子。

13
直ぐ終わるだろうとタカをくくっていたら、これが以外と長い。
ここだけで10分~20分くらいはかかった。
Amazonさん、最新型の予約製造品なんだからアップデートくらいしとけよな!!なげーよ!!て、正直3回くらい思った。ソレくらいの時間だ。

その後、更に何か始まる。

14
最適化ねぇ…。
なんかChromecastの時のほうがスムーズに行ったなぁ…

Amazon恐るべし!なんだこれは!!

画面が切り替わったと思ったら

 15

なんで名前が入っているんだ!!
すげぇ!プライム登録している情報がすべて入っているから、アカウント登録ウンチャラカンチャラってのが一切要らない!
なんだこの演出はっ!

先ほどの長々とした待ち時間はこの感動のためだったのか・・・。
憎いぜAmazon…。

Amazonのおっさん出てきた

本体とアカウントの設定らしきものが終わったら、何かおっさん出てきた。

16

顔デケェwwww

リモコンの使い方から

17

Fire TV Stickの使い方から

18

こんなものを使って遊べますよ、的なモノまで、ある程度説明をしてくれる。

19
しかも超丁寧。超低姿勢。何だこのオッサンは。

そして実際にFire TV Stickを触れる様になる

オッサン画面が終了すると、いよいよ実際に操作できるようになる。

20

付属のリモコンでテケテケテケという軽快な音と共に動き始める。
コンテンツをズラーっとみても、非常に魅力的なモノが沢山揃っていることがわかる。
海外ドラマ、日本ドラマ、映画、字幕版・吹き替え版。そしてキッズ御用達の特撮モノやアニメなど。

21

よくもまぁ、この値段でこの年会費でこれだけのコンテンツを揃えたものだ。感服するね。神だ。

とりあえず試しにバック・トゥ・ザ・フューチャーを再生してみたところ

 22

シームレスにタイムラグなく、瞬間的に始まった!!

なんだこのデバイスは!

神か!!

総括すると、Amazonは神だった

素晴らしいの一言。

このデバイスは本当にリビングの環境を画期的に変化させる素晴らしいデバイスだった。
コンテンツの種類は今後も増えていく予定で、映画の字幕版も日々増加している上、妖怪ウォッチを代表としたキッズ向けもかなり豊富になってきている。

このデバイスは一家に一台、いや、何台あってもいいだろう。
何なら会社とかにも欲しいくらいだ。

今はまだ生産が追いついていないらしく、予約が多々入っている。
映画や海外ドラマが好きな人は、マストで購入の逸品であることを保証しよう。素晴らしい時代の幕開けだ。神だな。


Fire TV Stick