ENTRY
11月12日20時30分

【レッスン10】美の秘訣・姿勢を整え、魅力的になる12のレッスン

全12回の姿勢のレッスンは、今回を含めあと3つで終わりです。姿勢の重要さは年々広まっています。自分のカラダは一生モノ。カラダは誰かにかわってもらえないものですので、少しでも気になるなら取り組みましょう!今回は「首」のお話!ando

■現代機器を扱う原始人がいっぱい!

街中を歩いていると、「現代機器を扱う原始人がいっぱいだな!」と感じます。原始人というか、猿人。首が前に伸びたおれ、下を向いて歩いている姿のこと。そんな姿、あなたもなっていませんか?
ストレートネックという言葉が有名になりましたが、本来、湾曲があるはずの首の骨に湾曲が小さくなり、首こりや頭痛や肩こりなどをひきおこしている人が増えています。
その要因のひとつが、スマートフォン。下を向いてスマホばかり操作していませんか?
その時間が長ければながいほど、猿人に。
美しくなりたいのに、猿人に・・・恐ろしいですね!!

■【復習】姿勢がよくなる3つのポイント

毎回お伝えしていますが、復習です。
姿勢もスタイルもキレイになる3つのポイントは、下記です。
・余分な力を入れて立たない・座らない
・骨格を“正しい”位置に    

・重心の位置

この3つできているようでほとんどの人ができていません。完璧になる必要はありません。
ですが、カラダは習慣で出来ているためどんな風にカラダを使っているかでスタイルの美しさにもつながっていきます。
このシリーズでは、骨格を正しい位置にという真ん中のお話を重点的にしております。

■首の位置の認識を変えていこう!

首の位置が前にずれてしまっている人、そこまでではないけれど、首こりが気になる人は、「首の中心軸はどこだろう?」と自分のカラダとの対話をしてみることをオススメします。
中心軸がずれることによって、歪みは生じます。
また、首の骨はどこからどこまでと思って使っているでしょう?地味すぎることですがどういう認識でカラダを使っているかで、姿勢・ボディプロポーションは変化していきます。

そういう難しいのはわからん!という場合は、まずは、スマホの触りすぎやスマホ操作時の姿勢などに注意することです。
でないと、二重あごがどんどんと存在感をましてきます。

そこまでいかなくても、顔が大きく、首が短くみえます。
女性にとってはあまり嬉しくないことだと思いますので、少しずつ注意していきましょう!

【レッスン10】美の秘訣・姿勢を整え、魅力的になる12のレッスン
プロフィール
安藤友美 1985年2月19日生
女性のカラダをボディメイク
元バリエステサロンオーナー。
セラピストとしてやエステ講師として様々な女性のカラダとココロと触れ、自分で自分のカラダを知る大切さを知ってほしいと考えるように。
動画などでセルフケアを伝えることや、講座をして美と健康について知ってもらう活動をしている。
▼女性のための人生を輝かせるカラダ学
http://ameblo.jp/shiawase-mind-bodymake/