ENTRY
09月03日12時45分

忙しくても大丈夫!掃除をしながら美ボディになるコツ

忙しいといろんなことが後回しになることが多いんだろうなとたくさんの女性と出逢ってきて感じます。あれもしたい!これもしたい!あ~できない!そんな風に思う前に、あれとこれを同時にできないだろうか?という視点で、物事をとりくむと案外一石二鳥がおこったりもします。今回は、掃除もしなきゃ!美ボディも手に入れたい!という女性におくる内容です。 ando

■なぜ掃除と美ボディなのか?

なぜ美ボディと掃除なのかをお伝えしましょう!3つ理由があります。
・私が掃除しながら美ボディを意識しているから
・掃除は全身を動かしやすいから
・私の身をおく環境は「家」、人間の思考・感情を宿す環境は「カラダ」

1つめは個人的な理由ですね。
2つはそのままです。(おおざっぱな説明!)
3つめは少し理解がしにくい点かもしれませんが、家をキレイにしつつカラダをキレイにするということは、自分の環境をいっぺんにキレイにできるすぐれもの!ということです。(これもおおざっぱかな)

■どういう風に掃除をしていますか

掃除に限らずですが、現代は便利です。便利ゆえに、カラダを使うことが減っています。便利ゆえに不健康まっしぐら!なんて勝手に思っていたりします。エレベータがない時代は階段を使っていました。それだけで、運動になるためダイエットの時間をわざわざ取る必要がなかったのかもしれません。大昔でいえば、道路も整備されていない、電車もない、自転車もない、ただひたすら歩くのみだった時代。そんな時代の肉体レベルは高かったのではないか・・・なんて想像したりしますが、確実に「運動不足」というのはおこっています。
掃除道具に関しても、掃除機をはじめ便利なものがたくさんあります。それでも雑巾がけをしたり、掃除機のかけかたなどを気をつけることで、“ながら”運動ができ美ボディ対策ができるというわけです。

■掃除×美ボディの方法

最後に、私自身がここ3年間、掃除の時に意識していることをお伝えします。

私の掃除方法は、コロコロ・ホコリたたき・掃除機・雑巾がけです。雑巾がけは気が向いたときにするので、あまり気負わずに続きを読んでください。(だけど、雑巾がけが一番、運動になる!)
コロコロ(つまり、コロコロと転がし粘着テープにゴミをつけていく掃除道具のこと)のとき、手先でコロコロとするのではなく、肩甲骨を使ってコロコロしてください。
ホコリ叩きは、腕をあげてする場合、できるだけ肋骨から引き上げてパタパタとホコリを落としていきます。もちろん伸ばしすぎはやめましょう。
掃除機をする際、しっかりとゴミを吸い込んでいるか不安になるのか、猫背気味で掃除をすることがおおいのではないかと思いますが、掃除機こそ背筋を伸ばして胸をひらいて取り組みます。そして、なるべく背中・腰をゆるやかにひねりの動きをいれながらやってみましょう。
大人になればなるほど、使う筋肉の場所が減ってきます。運動嫌い・運動不足・運動する時間が取れないという女性は、ぜひ掃除の時間を有意義に使ってみましょう。

オーサー紹介

忙しくても大丈夫!掃除をしながら美ボディになるコツ
プロフィール
安藤友美 1985年2月19日生
女性のカラダをボディメイク
元バリエステサロンオーナー。
セラピストとしてやエステ講師として様々な女性のカラダとココロと触れ、自分で自分のカラダを知る大切さを知ってほしいと考えるように。
動画などでセルフケアを伝えることや、講座をして美と健康について知ってもらう活動をしている.。
▼女性のための人生を輝かせるカラダ学
http://ameblo.jp/shiawase-mind-bodymake/