ENTRY
08月24日12時30分

年を重ねて廃れるオンナ・輝くオンナ

少し恐ろしいテーマを今回はもうけてみました。三十路に突入して半年、さまざまな同世代女性たちと話していると、面白いくらいに20代後半では出てこなかった発言がどんどんと増えています。そんな発言を聞いて、これまで出逢った美しい年上の女性たちを思い出すと、廃れるオンナと輝くオンナの違いがみえてくるような気がしたので、今回はそんなテーマをボディという観点でお送りいたします。 ando

■さぁ、あなたはどっち?

三十路になり同世代女性と話していると出てくる言葉が、「20代の頃とは違う」です。こういうことをアラフォー女性の前でいうと「35歳からまたくるよ~」と冗談で脅されるのですが、年齢と共にカラダの変化は致し方ないとは思います。生きているのですから、カラダの変化は起こってきます。
ですが、20代の頃とは違うからというのは、どうだっていうのです。
「あんたみたいに、気を使ったほうがいいんやろうけどな~」と言いながらなにもしないのか、「よし、どうしていこうか」と取り組むのか。
大事なのは、「違うからどうするのか」ということ。それが、廃れるオンナと輝くオンナの違い。これは、人生においていろんなことに通じているのではないでしょうか。

■廃れるオンナ・輝くオンナ

もうお分かりかと思いますが、違うと分かりながら取り組まないのが廃れるオンナ。どう取り組むかと行動するのが輝くオンナ。
そして、輝くオンナには、「焦って対応する」のではなく「楽しんで(もしくは心豊かに)対応する」というメンタル面も大切。焦って美容オタクになっている女性って美しくないですものね。

■輝くオンナになるために

カラダは、ある年齢をこえると老化していきます。(研究などによって年齢がバラバラなのでここでは控えます。)おしりが垂れてきたり、バストが垂れてきたり、太りやすくなったり、疲れやすくなったり、むくみやすくなったり・・・思い当たることたくさんあるのではないでしょうか。
先程もお伝えしたように、楽しんで取り組めるかというのも大切です。そのために必要なのは、「自分がどうなりたいか」と「自分はどういうカラダをしているのか」を知ることです。
余談ですが、セラピストとして500名以上のカラダのトリートメントをさせていただいていると、ご自身に手をかけている人はカラダに触れるとわかります。そして、その方法がご自身にあっているかは別の話。
世の中の流行りなどに流されることなく、自分に必要なことを冷静にキャッチできることが、年を重ねて輝く秘訣なのではないでしょうか。

オーサー紹介

年を重ねて廃れるオンナ・輝くオンナ
プロフィール
安藤友美 1985年2月19日生
女性のカラダをボディメイク
元バリエステサロンオーナー。
セラピストとしてやエステ講師として様々な女性のカラダとココロと触れ、自分で自分のカラダを知る大切さを知ってほしいと考えるように。
動画などでセルフケアを伝えることや、講座をして美と健康について知ってもらう活動をしている.。
▼女性のための人生を輝かせるカラダ学
http://ameblo.jp/shiawase-mind-bodymake/