ENTRY
07月26日20時30分

オトナ女子必見!美しいデコルテとブスなデコルテの持ち主のちょっとした違い

品のある女性にみえる秘訣でもあり、女性らしさの象徴の一つでもあるデコルテ。美しいデコルテをもっていると、男性からだけではなく女性からも褒められる。そんな美しいデコルテをもつ女性と、もたない女性、なにが違うのでしょう?ando

■デコルテってどこでしょう

デコルテとは、首から胸もとまでをいいます。年を重ねるごとに、デコルテを気にする女性が多いのではないかなというのが筆者の感覚。
とはいえ、早いうちからデコルテのケアをしておくことは、オススメ!デコルテも顔と考えましょう。
そして、首から胸元までとなると、鎖骨も含まれますね。「鎖骨美人」といわれるように鎖骨の美しさも女性は手に入れたいもの。デコルテの美しさ、鎖骨の美しさ今から手に入れていきましょう。

■美しいデコルテの持ち主も知っておきたいデコルテブスの恐怖

デコルテがおブスになると・・・
・首が短くみえる
・呼吸が浅くなる
・バストがたれる
・顔がくすんでみえる
・顔のむくみにも
・首がふとくなる
・顔が大きくみえる
おお、恐ろしいことばかり!

■デコルテ美人とブスなデコルテ、なにが違うのでしょう

デコルテの美しさのために、紫外線対策、保湿、リンパケアが大切と言われます。ですが、それだけじゃ、足りない人がいます。そういうことをやってきたけれどできていない女性に一度、ご自身を全身鏡でみていただきたい。
全身鏡でご自身をみたとき、肩はどうなっているでしょう?

・肩があがっている
・猫背である
・首が前に出ている
こんなことことにあてはまれば、デコルテを美しくするのを邪魔している可能性が。
端的にいうと、「肩こり・首こりはブスなデコルテを助長する」。
肩こりは慢性的だから~なんていっていないで、さっさと肩こりの対策をしていきましょう。

そして、肩こり・首こりになる姿勢をついついやってしまう習慣をかえていきましょう。
ふと何気ない仕草が、肩こりや首こりをおこしていますよ。
具体的な方法は、「どこでもできる肩こりスッキリのセルフケア」もおよみください。
http://media-dp.com/2393/

オーサー紹介

オトナ女子必見!美しいデコルテとブスなデコルテの持ち主のちょっとした違い
プロフィール
安藤友美 1985年2月19日生
女性のカラダをボディメイク
元バリエステサロンオーナー。
セラピストとしてやエステ講師として様々な女性のカラダとココロと触れ、自分で自分のカラダを知る大切さを知ってほしいと考えるように。
動画などでセルフケアを伝えることや、講座をして美と健康について知ってもらう活動をしている.。
▼女性のための人生を輝かせるカラダ学
http://ameblo.jp/shiawase-mind-bodymake/