ENTRY
06月25日10時27分

まさに異空間!超高層ビルに囲まれる鎮守の森「新梅田シティ 中自然の森」

6月に入り、30度を超える真夏日が続いています。今回は、いよいよ夏本番となるこの季節にピッタリのスポット「新梅田シティ・中自然の森」をご紹介いたします。大都会にあるとは思えない大自然で、「涼」を感じてみてはいかがでしょうか。

梅田スカイビルの真下にある大自然

1
まず、今回ご紹介する「中自然の森」は、新梅田シティの中にあります。
先日の記事でご紹介した「梅田七夕(5/30~8/8)」(http://media-dp.com/3967/)が絶賛開催中ということで新梅田シティは多くの人で賑わっており、中自然の森はイベント会場から歩いてすぐの場所にあるので是非とも訪れていただきたいスポットの一つです。

2
「梅田七夕」のメイン会場である地下1階「滝見小路」から外に出てみると、池に囲まれ木々に覆われた森が出現します。
では、さっそく森の中へと入ってみましょう。

入るとそのクオリティの高さに思わず…!

3
森の中に入ると、まずは中自然の森のついての説明が書かれた看板があります。
その看板を横目に進んでみると、目に入るのは広がる大自然の光景!
訪れた時間が日没後ということもあり、薄暗くなる空とライトアップされてまばゆい輝きを見せる緑のコントラストがさらに幻想的な雰囲気を醸し出しています。

4
さらに進んでいくと、小さな川が現れました。
橋の上から流れる水をただボーっと眺めているだけで、「癒し」効果が絶大です。
風に揺れる木々が静かな時間を演出してくれ、まるで本当の大自然にいるような気持ちにさせてくれます。

極めつけは光と水が織りなすファンタジー空間

小川から進み、階段を上がると中自然の森に繰り広げられる光の集大成ともいえる光景を目にすることができました。
5
いかがでしょうか。
中自然の森を取り囲んでいる1階部分から滝が流れ出て、照明と重なり合い見事にアートのような輝きを増しています。
また、照明の色も様々な色に変わるので、いつまで見ていても飽きがきません。
筆者もついつい見とれてしまい、滝の前で10分以上滞在してしまいました。
6
また、手前に流れているところも小さな滝になっているので、1度に2種類の滝を楽しむことができます。

都会にある避暑地で涼を感じる!

7(アイキャッチ)
さて、今回は新梅田シティの「中自然の森」をご紹介いたしました。
森の外から見てみると小さな森なのかな?と思いがちですが、実際に森に入って歩いてみるとスペースは広く、それぞれに楽しめるスポットが満載です。
また、夕暮れになると森の中は涼しくなり、心地よい風が吹いてくるのでぜひ19時ごろに訪れることをオススメいたします。

6月21日までほたるの鑑賞イベントも行われていますので、週末はぜひ新梅田シティへ足をお運びください。

▽詳しくはこちら
新梅田シティのポータルサイト「ウメポタ」:http://www.skybldg.co.jp/