ENTRY
04月29日20時30分

季節を利用してカラダをしなやかに

新年度が始まり、約1ヶ月。いい緊張感をもって日々、過ごされていますか? それとも、カラダに疲れがでていますか?今日は、頑張る女性にありがちな“がんばりすぎ”をテーマにお届けいたします。 ando

■真面目な女性に多いことは

・いい人であろうとする
・人のため会社のために頑張れる
・空気がよめる
・気遣いができる
・完璧主義
などなど
もっといろいろと出てきそうですが、こんなことあるのではないでしょうか?ちなみに、自分は真面目じゃないと思っていても、意外と根っこが真面目だったりしますよね。
筆者も、写真のようにバニーちゃんの格好をして動画を配信したりしておりますが、「真面目」な人生を歩んできました。学生時代で言えば、“内申点がいい”っていう感じです。

■真面目すぎると、カラダは疲れている

真面目は悪いことではありません!ですが、無理をすると疲れがう~んとでます。
真面目で向上心が高い女性や、自分に自信がない過去・現在を持っている女性にありがちなのが、人と比べてできていないことによって「もっとやらなきゃ」と気合を自ら入れて頑張ると、疲れます。
カラダのサインで言えば、肩が慢性的にこっていること、呼吸が浅いこと、骨盤がガチガチであること、カラダ全身が緊張していることなどでしょうか。
現代人の多くに当てはまりそうでが、「あれ?私かも?」と思った方は、次のことをしてみてください。

■カラダのガチガチ度は?

あばら骨(肋骨)を、左右の手で包みましょう。包みましょうといっても、包みきれませんが、包むつもりで、右手は右の肋骨に、左手は左の肋骨に添うようにおいてください。
そこから、ゆっくりと風船を膨らますように、肋骨に空気を吸っていれていきましょう。
動きますでしょうか?ギシギシいいますか?

筆者自身も経験済みなのですが、呼吸が浅いと肋骨が動きません。一方、呼吸が深くできると肋骨が動いてくれます。骨が動くというよりも周りの筋肉の柔軟性なのですが、普段から呼吸が浅くなっていると肋骨周りはかたくなります。つみかさなって、より呼吸が浅くなっていきます。筆者は、呼吸ができない!と思うくらいかたくなってしまい、びっくりしたことがあります。
その時、常に深刻に考え事をしていたり、パソコンやスマートフォンに向かう時間がながかったりし、気がつけば「あ、いま呼吸してなかった」という状態でした。

人は、何か集中するときや思いつめているときなどは、呼吸が浅くなっていたり止めていたりします。
なので、真面目な人が頑張りすぎると、どうしても呼吸が浅くなります。
そういうときは、深呼吸をする時間を設けることと、寝る前に全身の力を丁寧に抜いていく習慣をつけてみてください。

オーサー紹介

季節を利用してカラダをしなやかに
プロフィール
安藤友美 1985年2月19日生
女性のカラダをボディメイク
元バリエステサロンオーナー。
セラピストとしてやエステ講師として様々な女性のカラダとココロと触れ、自分で自分のカラダを知る大切さを知ってほしいと考えるように。
動画などでセルフケアを伝えることや、講座をして美と健康について知ってもらう活動をしている。
▼女性向けメールセミナー
幸せを引き寄せる体質になるボディメイク術
http://www.reservestock.jp/subscribe/7200
365日配信!愛されるカラダになる秘訣メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001636843.html