ENTRY
04月13日20時30分

リンパのコントロールがあなたの美とカラダを作ります。ケアの方法と最適な食べ物は?

リンパについては今までにその仕組とケアすることの重要性について書かせていただきました。 血液と違い、リンパは自力で動くことができず、筋肉の動き次第で働きがかわります。 活発になればなるほどリンパもよく流れ、停滞すればするほどリンパも悪くなる。代謝機能であり免疫機能であるのに、自分の動きとまさに一心同体なのです。ということは自らの活動と心構えと知識でリンパはより活発にすることができるのです。 今回はリンパに関することの最終章です。

【おさらい】老廃物による悪影響

過去にリンパに関する記事を書きました。リンパは流れをよくすることによって更に活発になり、流れが悪くなると共に低下していくという特徴があります。
【過去記事】 リンパを滞らせないケアを生活に取り入れよう

リンパの停留における様々な老廃物の悪影響は次のとおりです。

肥満・・・
老廃物によって代謝に必要な栄養素の吸収が損なわれ、太りやすい体質になります。

むくみ・・・
老廃物と共に排出されるはずの水分が身体に滞りむくみが起こります。

便秘・・・
老廃物が腸内に長く留まることで毒素が発生して体内を巡ります。食欲不振や消化吸収機能の低下等の不調の原因になります。

セルライト・・・
体にたまった老廃物や水分に脂肪細胞が合体して変質するとセルライトという特殊でとても厄介な脂肪になります。

肌荒れ・・・
老廃物が毛穴に詰まることで、ニキビや吹き出物などの肌荒れになります。

老化・風邪・・・
必要な栄養素が行き渡らないことで細胞がドンドン老化してゆきます。しみ、しわ、白髪などの老化現象を始め、風邪などの感染症にかかりやすくなります。

様々な不都合に見舞われないためにも、良い生活習慣をぜひとも身につけてもらいたいものです。

日々の食事で抑えておきたいポイント

毎日の健康は日々の食事によって構成されます。日々の食事でリンパケアができるポイントを抑えておきましょう。

ナトリウムとカリウムのバランス
細胞内はカリウムが多く含まれ、細胞外はナトリウムが多く含まれることで、細胞膜を境目にバランスを取って水分の状態を一定に保っているのが普通の状態です。健康な人はなんの不自由もなく身体の機能として進められています。しかし塩分を摂り過ぎるとナトリウムの濃度が高くなって、カリウムとのバランスが崩れ、リンパ液が滞る原因になります。
塩分のとりすぎに気をつけ、塩分や水分を体外に排出するカリウムを摂ることでバランスを戻すことができます。
ナトリウムの多い食べ物・・・ラーメン・スナック菓子・漬物・ソーセージ
カリウムの多い食べ物・・・にんじん・白菜・バナナ・リンゴ・かぼちゃ・わかめ

タンパク質をしっかり摂る
タンパク質の中にあるアルブミンは身体の浸透圧を維持します。アルブミンの量が低下してしまうと水分調節ができなくなり、老廃物や水分が身体にたまりむくみの原因となります。
間違ったダイエットで食事制限をしている人がむくみやすくなるのは、アルブミン不足が原因です。タンパク質を多く含む食べ物は毎日しっかり摂るようにしましょう。
タンパク質の多い食べ物・・・納豆・ささみ肉・豚もも肉・牛乳・チーズ・卵・カツオ

ビタミンB1は代謝を高めます
食べ物を体内でエネルギー変換するには、ビタミンB1の助けがないといけません。
ビタミンB1が不足すると、代謝ができないため細胞に栄養を届け老廃物を回収することができないので、これもむくみの原因となります。代謝アップのためには体内で化学反応を起こすための触媒としての働きをするビタミンB1が絶対必要です。
ビタミンB1の多い食べ物・・・ブタ肉・レバー・うなぎ・玄米・大豆

水分補給にもコツあり

身体は水をためている袋のようなものです。

良い水分を身体にためておくには、毎日水分を取り、排尿し、老廃物を体外に出すというサイクルを毎日続けなければなりません。
1日の水分量は多くても少なすぎてもよくありません。成人で1.5リットル~2リットルの目安です。

水分を摂る時は一気にまとめてではなく、小分けにして摂るようにしたほうが身体に良いとされています。

また、食事で摂る水分も総水分量に含まれるので水を毎日1.5~2リットル飲まなければならない、という意味ではありません。

リンパケアのまとめ

その他にも、腹式呼吸をして泊時間を長くすればリンパの流れを向上させます。

入浴時にも5~10分程度の入浴を4・5回繰り返す交代浴はリンパ管の収縮を高めることで刺激され、全身の水分の巡りをよくする効果が得られます。

同時に血管の活動も活発になることから、健康のための交代浴はとても良いです。

リンパマッサージや食生活、入浴など、日常生活の中で意識することで健やかさを保つことができるのです。

オーサー紹介

リンパのコントロールがあなたの美とカラダを作ります。ケアの方法と最適な食べ物は?
井上 千明
医学博士
健康管理士
健康カウンセラー
ホリスティックラボ主催

http://www.bontec.co.jp

結婚、出産育児、妻、母親そして企業家経営者という体験から、なにか社会の役に立ちたいという意識を強く持ち、現代人の健康と生活に密着した一番大事なものとしての、「水」に注目、美味しく安全なる水を消費者に送り出す。また心身を患う人びとへメディカルアドバイザーの立場から副作用の無いバイオテクノロジーによる薬用飲料の普及活動に携わる。現在は株式会社ボンテックでアドバイザーを務め、健康不安を感じる方からの電話相談を幅広く受けている。