ENTRY
02月10日19時00分

超絶技巧 !アコースティック・ギターのドン・ロス

さて、始まりました、みんな大好き超絶技巧。まずは、MDP編集部でも人気が高い、アコースティック・ギタリストをご紹介。 まさにこう言いたくなります…圧倒的じゃないか!

その名前、ドン・ロス。

ドン・ロス(Don Ross)。
まずその名前から、どこかのマフィアのボスを彷彿とさせますが、違います。
本名はドナルド・ジェイムス・ロス。省略して、ドン・ロス。
ということですね。
 
Don Ross

その音楽、ヘビー・ウッド。

ジャンルとしては、フィンガースタイル・ギターと言われますが、彼の卓越したテクニックは、なかなかジャンルに縛られません。
本人曰く(本人!?)「ヘビー・ウッド」なサウンドを出している、そうです。
 
つまり、ヘビーメタルじゃなくて、ヘビーウッド。
ということなんでしょうね。
 
でも、バリバリしている訳ではありません。
むしろ、ジャズやクラシック、フォークなどのジャンルをちゃまぜにして、スタイリッシュに仕上げたとも言える彼の音楽。
 
とりあえず、見て聞いたほうが早い!
そして、こう言いましょう。
「…圧倒的じゃないか!」
 
Don Ross/Michael, Michael, Michael

※彼のプレイを見て、ギタリストがやる気を失っても。当編集部では責任を持てません。ご了承ください。

その技巧、完璧。

ギター好きなら誰もが真似したくなる彼のテクニック。
簡単そうに見えますが、泡吹きそうなほど難しいです。
40年以上のギター歴は、ただものじゃありません。
 
「ドン・ロスみたいに弾けるギタリストはいない、レースに例えるなら、まるで転がっているんじゃないかと思うぐらいコーナーを曲がるんだよ、しかも、完璧なコントロールで。」
 
と、彼よりはるかに売れているブルース・クックバーンさん( Wikipediaより)が言うんだから、間違いありませんね。
まずは1枚、聞いてみても損はしません。
おすすめはYoutubeの曲も入っている1999年の「Passion Session」。

いやもう、センスとテクニックしか感じられませんよ!

 
(なぜか、ヘビーメタルのジャンルに入っています。髪型?)
 
Don Ross Passion Session