ENTRY
02月28日13時10分

大切な人とするカラダコミュニケーション

オイルトリートメントの仕事をしていたとき、男性のお客様がこんなことをおっしゃっていました。それは、「料理上手もいいけれど、ボディケア上手もいいね」と。 実は、カラダの癒しだけではなく、もっと深いのが大切な人とするカラダコミュニケーション。 今回は、そんなテーマで話をしていきます。 ando

■カラダコミュニケーションとは?

カラダのケアをする、もしくはケアをしあうことで、コミュニケーションを図ることを、カラダコミュニケーションです。(筆者が勝手に命名)
大切な人を大切にするケアをお伝えしたり、イベントでボディケアをお伝えする中でわかったことは2つ。
1つは、「相手のカラダを知ることは、自分と相手を知る」ことにつながるということです。
もう1つは、カラダに触れることで、ココロの距離が縮まるということです。

■大切な人とケアすることをおすすめする理由とは?

自律神経という言葉を聞いたことがありますでしょうか?
私たちは、「さぁ、食べたものを消化するぞ!」と考えて消化を促しているわけではなく、勝手に消化をしてくれていますよね。そういうことをしてくれているのは自律神経があるからです。
この自律神経には「交感神経」と「副交感神経」というものがあり、交感神経は緊張の神経、副交感神経はリラックスの神経です。
マッサージやボディトリートメントやエステを受けているときは、この副交感神経が優位になります。全く知らない人にケアをしてもらうより、信頼している人にしてもらうほうが、リラックスしやすいのです。
つまり、一番身近な人からケアを受けることで、究極の癒しになるためおすすめというわけです!(余談ですがやってもらって悪いな~なんて思わないことがポイントだったりもします)

■どんな風にケアをしたらいいでしょうか?

大切な人をケアしたい!だけど、方法がわからない!という方に1つだけ方法をお伝え致します。
力をいれずに、さすること。
たったこれだけでも、いいです。小さい時に、母親にお腹をなでてもらうとリラックスしたように、たださする・なでるだけでオッケーなのです。
ぜひ、やってみてくださいね。

この記事のオーサーは

大切な人とするカラダコミュニケーション
プロフィール
安藤友美 1985年2月19日生
女性のカラダをボディメイク
元バリエステサロンオーナー。
セラピストとしてやエステ講師として様々な女性のカラダとココロと触れ、自分で自分のカラダを知る大切さを知ってほしいと考えるように。
動画などでセルフケアを伝えることや、講座をして美と健康について知ってもらう活動をしている。
▼女性向けメールセミナー
幸せを引き寄せる体質になるボディメイク術
http://www.reservestock.jp/subscribe/7200
365日配信!愛されるカラダになる秘訣メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001636843.html