ENTRY
01月08日15時25分

幸せな1年の始まりを願う「今宮戎神社・十日戎」特集!

今回ご紹介するイベントは新春らしく、多くの参拝客が訪れる新年恒例の行事「今宮戎神社・十日戎」の特集でスタートです!

そもそも「十日戎」って?

1
まずは「十日戎」とは何か?について、軽くご紹介しましょう。
十日戎は、商売繁盛で知られるえびす様を奉り、訪れた方が1年の商売繁盛を願う行事として親しまれています。
こちらの今宮戎神社で行われている十日戎の歴史は古く、1675年に描かれた大阪案内の図「葦分舟」に同社で行われた十日戎の様子が記されており、約340年以上も前から行われていたことが分かります。
2
十日戎は毎年、1月9日~11日の3日間行われています。
9日:宵えびす、10日:本えびす、11日:残り福、という名称が付けられており、この3日間で毎年約100万人の参拝客が訪れている大規模な行事となっています。

笹を受け取り福にあやかる!

3
では次に「十日戎ですること」をご紹介します。
まずは「福笹」と呼ばれる笹を受け取り、境内にて福むすめの方々から絵馬やお札などの縁起物を購入し、笹に付けてもらいます。
そして、お受けした笹は翌年の十日戎に持参し返却、また新しい笹を受け取る。というものが一般的な流れとなっております。
ちなみに、この「福むすめ」と呼ばれる方たちは、応募された数千人の中から厳しい審査を勝ち抜いた総勢50名の「福」を持った女性が務めております。

さらにこの3日間では、9日の午前0時から12日の午前0時までの24時間体制で福笹の授与と御祈祷の催行が行われておりますので、時間を気にせずに参拝できることも特徴です。

おすすめアクセスはなんば駅から!

十日戎では、参拝だけではなく神社周辺にもご注目ください。
4
この3日間はなんば駅から会場となる今宮戎神社までの約1キロの道なりにたくさんの露店が並びます。
最寄り駅は南海「今宮戎駅」ですが、なんば駅から20分ほど歩いてお祭り気分を味わいながら向かってみてもより楽しめると思います。
5
また期間中、神社周辺は多くの参拝客で混雑することが予想されますので、怪我や事故等にお気を付け下さい。

ぜひ十日戎へ!

6(アイキャッチ)
今回は今宮戎神社の十日戎をご紹介させていただきました。
以前、「大阪七福神めぐりシリーズ」の中で今宮戎神社とともにえびす様についてご紹介しておりますので、併せてこちらの記事もお読みにください。
http://media-dp.com/2965/

今年をより良い1年にするためにも、ぜひ今宮戎神社へ足を運んで最高の福を持ち帰られてはいかがでしょうか。

▽詳しくはこちら
今宮戎神社・十日戎
期間:1月9日(金)~11日(日)
住所:大阪府大阪市浪速区恵美須西1丁目6-10

最寄り駅:
南海高野線「今宮戎駅」徒歩1分
地下鉄・御堂筋線「大国町駅」徒歩5分
地下鉄・堺筋線「恵美須町駅」徒歩5分
地下鉄、南海、近鉄/阪神「なんば駅」徒歩20分
Webサイト: http://www.imamiya-ebisu.jp/toukaebisu