ENTRY
11月10日12時30分

そのお尻、イエローカードかも!

毎日ご自身のお尻を鏡で見ていますか?YESの人は少ないかもしれません。なので、自分のお尻のたれ具体の左右差があることに気づいていないかもしれません。というわけで、今回は、お尻のタレにも関係のあるお尻のこりについてお話します!

■お尻ってこるの?

まず、「お尻ってこるん?」と思われた方もいるのではないでしょうか。
結論から言うと、「こります!」。筋肉のあるところはこるんです。だから、肩がこるように顔もこります。なので、顔の筋トレみたいなのが流行るわけです。
と余談はさて置き、お尻のこりの話に戻りましょう。

数多くのカラダのケアしてきた中で驚いたのが、お尻のこりに気がついていない人が思っているよりも多いということ。
さて、あなたのお尻は、どうでしょうか?

■これってこってるの?

お尻がこっているかどうかの判断がしにいく人もいると思うので、どんなことがこりにつながるか・どういう状態だったらこっている可能性があるのかをお伝えしますね。
・座りっぱなし

・立ちっぱなし

・姿勢が悪い

・歩き方が悪い

・骨盤が歪んでいると言われたことがある

・腰痛持ち

・脚がつかれやすい・むくみやすい

・おしりが冷えている

・ヒップがたれている

いかがでしたでしょう。当てはまってギクリとされた方、次回には動画でケア方法をお伝えしますね。その前に、お尻がこっていると困ることをお伝えします。

■お尻がこっていると困る3つのこと

お尻がこってようが、痛みがないしだるさがないからいいもん!とおもっちゃいませんか?そんなことはありません!お尻がこると困る3つのことをお伝えします。

1つ目はお尻のたれ。
最初にもちらっとお伝えしましたが、お尻の“たれ”とお尻の“こり”は大いに関わりがあるからです。
こるということは、筋肉が固くなっている状態なので、脂肪を保ちにくくなります。ということは、ヒップがたれますね。

2つ目は、腰痛になる。
腰痛になるというよりかは、腰痛持ちの人は、たいていお尻がこっています。腰痛だからといって、腰だけケアしたところで、小手先なので、お尻のこりにもきづきましょう!

3つ目は、美脚が遠ざかる。
下半身の一番うえにあるお尻がこるということは、リンパの流れが滞ります。また地球上には重力があるため、下へ下へと流れる傾向があるので、足がむくみ美脚から遠ざかることに。
たかがお尻、されどお尻!前ばかりにとらわれず、後ろ姿も気をつけていきましょう。

この連載の担当は・・・

そのお尻、イエローカードかも!
プロフィール
安藤友美 1985年2月19日生
女性のカラダをボディメイク
元バリエステサロンオーナー。
セラピストとしてやエステ講師として様々な女性のカラダとココロと触れ、自分で自分のカラダを知る大切さを知ってほしいと考えるように。
動画などでセルフケアを伝えることや、講座をして美と健康について知ってもらう活動をしている.
▼女性向けメールセミナー
幸せを引き寄せる体質になるボディメイク術
http://www.reservestock.jp/subscribe/7200
365日配信!愛されるカラダになる秘訣メルマガ
http://www.mag2.com/m/0001636843.html