ENTRY
10月22日11時27分

MacBookAirの内部パーツにリコール、無償交換開始

米Apple社が販売するMacBookAir(2012年6月~2013年6月発売モデル)に対して、記憶領域であるソリッドステートドライブ(SSD、ハードディスクのようなもの)が故障する可能性があるとして、無償で交換を実施すると発表しました。

内部パーツに故障が発生する問題

米Apple社が販売するMacBookAir(2012年6月~2013年6月発売モデル)に対して、記憶領域であるソリッドステートドライブ(SSD、ハードディスクのようなもの)が故障する可能性があるとして、無償で交換を実施すると発表しました。
 
無償交換が可能かどうかを調べるには下記の方法によって判別することができます。
 
MacBook Air Flash Storage Drive Replacement Program
http://www.apple.com/support/macbookair-flashdrive/

製造番号から特定する

製造番号の確認にはシリアル番号が必要です。シリアル番号はMacBookAir本体の裏側、または購入時の製品パッケージのバーコードラベルなどで確認ができます。
上記シリアル番号を下記URLに入力し、該当する場合は無償交換対応が可能となります。
 
無償交換を受けられる場合、記憶されているデータ等はすべて末梢される可能性が高いため、予めバックアップなどをとっておくことが必要でしょう。
 
また、この無償交換対応の前に自費で修理を行っている場合には、Apple社のサポートに連絡し、払い戻しを受けることができるようです。この問題の無償交換については、製品販売日から3年間有効です。