ENTRY
10月17日13時26分

ストレスからちょっと開放される意外な方法 行動編

人の人生は千差万別。 どんな人の人生でもストレスと完全にさようなら出来る人なんかいません。 でもちょっとした工夫次第で軽減できるのです。 ストレスは貯まるばかりではありません。 何かコツを実践すれば撃退(発散)できるのです。

自分でバイオリズムをつくろう

夜型人間と昼型人間を聞いたことがありませんか?

人間は大昔から、夜は寝て、昼は起きる動物でした。

我々の体の遺伝子が生きることができるように体内時計の法則がセットされているのですが、現代社会の発展とともに、夜型人間が増加しています。

ようするに体内時計が壊れかけたような人がたくさんいるということです。

夜型人間は、普通の人に比べて何倍ものストレスを受けているため、短命であると言われています。

できるだけ、体のために昼型人間を目指して下さい。

 

この他にも、自分自身のライフスタイルを、早寝早起きにすることも大切です。

人間はおおよそ決められた行動で一日を過ごせば、ストレスにさらされることが実は少ない生き物なのです。

 

またトイレを規則正しく、というのもストレス軽減方法です。

トイレに行くのが不規則になると、健康な人であっても、そのうち体のバイオリズム全体が狂い始めます。

体の不溶物を出すことは、体の中にきれいな血液が流れる環境つくりの第一歩なのです。

つづく

この連載の担当は・・・

ストレスからちょっと開放される意外な方法 行動編
井上 千明
医学博士
健康管理士
健康カウンセラー
ホリスティックラボ主催

http://www.bontec.co.jp

結婚、出産育児、妻、母親そして企業家経営者という体験から、なにか社会の役に立ちたいという意識を強く持ち、現代人の健康と生活に密着した一番大事なものとしての、「水」に注目、美味しく安全なる水を消費者に送り出す。また心身を患う人びとへメディカルアドバイザーの立場から副作用の無いバイオテクノロジーによる薬用飲料の普及活動に携わる。現在は株式会社ボンテックでアドバイザーを務め、健康不安を感じる方からの電話相談を幅広く受けている。