ENTRY
08月22日12時00分

もし自分が人格障害かもと思ったら・・・ Vol.7 分裂病型人格

シリーズ7回目は前回の分裂病質人格に続き、分裂病型人格についてです。 分裂病質人格と比較してみてください。

分裂病型人格の傾向

分裂病型人格の形成は主に幼少期の家庭環境があります。

その親は冷たく批判的な傾向を持ちます。家族間の交流も貧弱だったという場合が多く見られます。

親は子供のことを変わった子として養育し、本人もわからないのでそれに甘んじて育ってしまいます。

奇妙な外見や言動がみられ、親しい人間関係を保てず、社会から迫害されていると怯えている風変わりな人です。

魔術的思考を持っており、それが自分の願いを満たしていると思っています。

またそのために、周りの人から奇妙な言動をする人だと思われてしまいます。

 

分裂病型人格のチェックリスト

この人格障害の人は、チェックリストがあってもそれを自分とは認識しません。

もし近くの人で4つ以上当てはまりそうな方がいた場合、病気の可能性が高いです。

その場合できるなら、本人の反発を買わないように、周囲の人が精神科医師やカウンセラーに助言を求めて対応していくのが望ましいです。

□ 自分だけに意味があるという考え方を持っている。

□ 奇異な信念にとらわれている。

□ 魔術的思考を持っている。

□ 他人や周りの出来事が自分に関係していると考えがちである。

□ 社会は自分に害を与えるものと恐れている。

□ 感情の幅が狭く、その場に不適切な行動を取る。

□ 猜疑心にあふれている。

□ 親しい友人がいない。

□ 奇妙な話し方、行動、服装をしている。

□ 物事を歪んだ形で認識している。

 

もし自分が人格障害かもと思ったら・・・ Vol.1 妄想性人格

もし自分が人格障害かもと思ったら・・・ Vol.2 演技性人格

もし自分が人格障害かもと思ったら・・・ Vol.3 回避性人格

もし自分が人格障害かもと思ったら・・・ Vol.4 反社会性人格

もし自分が人格障害かもと思ったら・・・ Vol.5 境界型人格

もし自分が人格障害かもと思ったら・・・ Vol.6 分裂病質人格

この連載の担当は・・・

もし自分が人格障害かもと思ったら・・・ Vol.7 分裂病型人格
井上 千明
医学博士
健康管理士
健康カウンセラー
ホリスティックラボ主催

http://www.bontec.co.jp

結婚、出産育児、妻、母親そして企業家経営者という体験から、なにか社会の役に立ちたいという意識を強く持ち、現代人の健康と生活に密着した一番大事なものとしての、「水」に注目、美味しく安全なる水を消費者に送り出す。また心身を患う人びとへメディカルアドバイザーの立場から副作用の無いバイオテクノロジーによる薬用飲料の普及活動に携わる。現在は株式会社ボンテックでアドバイザーを務め、健康不安を感じる方からの電話相談を幅広く受けている。