ENTRY
08月01日20時30分

もし自分が人格障害かもと思ったら・・・ Vol.4 反社会性人格

心の病気は今や誰でもかかりうる病気として、一般社会に広く認識されるようになりました。 第4回目は反社会性人格についてです。 だいぶ厄介な人格ともいえます。

最近増えつつある傾向の人格

テレビなどのメディアで目にする残虐な青少年事件、様々な手口の詐欺事件、熟年層の連続殺人事件、世間をあっと驚かせるような発見をした科学者のうそ、市民の代表となっている議員の歳費横領事件など、男女を問わず、世代を問わず、非エリート、エリート問わず。
今後最も増加しそうな気配がする人格です。

人が持つ人格そのものが、本当に健康にならない限り、事件が減少することはないのです。

気がついたらそうなってたという代表例がこの反社会性人格。

自分自身が加害者や被害者に成らないように、自分を知るということの大切さをもう一度見つめなおす必要があります。

反社会性人格の形成過程とその傾向

反社会性人格を持つ人は、生育過程で両親の虐待、放棄などの不適切な養育態度、恵まれない社会的経済的環境、不満、不足に耐えられない心理的弱さなどが要因としてあげられます。

その為に社会のルールに従うという十分な心の発育が無かった場合に多く現れます。

そんな中でも、反面教師となり自力で成長していく人はそのトラウマを糧にして立派な方に成長を遂げますが、心が負けてしまうとこの傾向は現れます。

利己的で他人の気持ちや迷惑を考えることができないので、社会のルールや法律、そして自身の責任に関心を持つことはありません。

無責任な上に自分の気持が抑えられず、最優先するのは自分のことのみです。

したがってすぐに暴力を行使し、人と攻撃することがあります。

自分の利益のために人をだましたり、ウソを付くことが多いです。

そのために違反や犯罪で何度も警察に逮捕されることもあります。

しかし罰せられることによって逆に、

「社会や世間は自分に辛く当たってきた」

と、恨みの矛先が社会へ向き、最終的には敵意を抱きます。

あなたの反社会性人格度をチェックしてみましょう

恒例のチェックといきましょう。ここで4つ以上項目が当てはまる場合、人格障害です。チェックがないことを祈ります。

□ 社会のルールに自分が合っていないため、時々逮捕されるようなことが繰り返される。

□ 人をだます傾向がある。そしてだますために嘘や偽名、履歴詐称などの行為を繰り返す。

□ 将来の計画が立てられない。 衝動的に物事を決める。

□ 自分が関わっている喧嘩や暴力が多い

□ 怒りっぽく攻撃的

□ 自分や他人の安全をあまり考えず、危険なことに興味をもつ。

□ 責任を感じたことがあまりない。

□ 仕事が続かない、または収入を失うようなことを繰り返してしまう。

□ 良心の呵責、思いやりなんてない。

□ 傷害やいじめ、窃盗にたいして特に関心がない。

□ 社会のルール違反行為について、全て正当化できる持論を持っている。

 

もし自分が人格障害かもと思ったら・・・ Vol.1 妄想性人格

もし自分が人格障害かもと思ったら・・・ Vol.2 演技性人格

もし自分が人格障害かもと思ったら・・・ Vol.3 回避性人格

この連載の担当は・・・

もし自分が人格障害かもと思ったら・・・ Vol.4 反社会性人格
井上 千明
医学博士
健康管理士
健康カウンセラー
ホリスティックラボ主催

http://www.bontec.co.jp

結婚、出産育児、妻、母親そして企業家経営者という体験から、なにか社会の役に立ちたいという意識を強く持ち、現代人の健康と生活に密着した一番大事なものとしての、「水」に注目、美味しく安全なる水を消費者に送り出す。また心身を患う人びとへメディカルアドバイザーの立場から副作用の無いバイオテクノロジーによる薬用飲料の普及活動に携わる。現在は株式会社ボンテックでアドバイザーを務め、健康不安を感じる方からの電話相談を幅広く受けている。