ENTRY
08月01日08時42分

大阪市内で唯一流れる天然の滝が天王寺に!「大阪・清水寺」

毎日、うだるような暑さに参られている方も多いのではないでしょうか。今回は、大阪市内に唯一存在する天然の滝が流れる「大阪・清水寺」へと足を運んでみました。

大阪にも存在する「清水寺」

まず、清水寺と聞いて「大阪にもあるの?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
大阪にも清水寺というお寺が存在します。
もちろん読み方は「きよみずでら」です。

創立は寛永17年(1640年)で、6月にご紹介した四天王寺の愛染堂・勝鬘院から歩いて5分ほどの場所にあります。

寺院に付けられる「山号(さんごう)」という称号では、京都の清水寺が「音羽山(おとわさん)」で、今回ご紹介する大阪の清水寺が「有栖山(ありすさん)」です。

それでは、大阪の清水寺へとご案内します。

大阪にもあった「清水の舞台」

1
最寄駅の「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅から歩を進めること約5分。
「清水坂」が現れます。
この坂の左側にある細い道に沿って歩いて行くと、清水寺へと進むことができます。
2
案内図をご覧いただくと分かるように、この清水寺は霊園施設としても利用されているので墓地が多く存在しています。

その墓地の間を進み、まず目に入った文字が「清水寺 舞台」という看板。
そう、大阪の清水寺にも「舞台」があるのです。
4
この清水の舞台からの眺めは主にマンションや民家・日本橋の電気屋街ですが、お寺から約600mの位置にある浪速のシンボル・通天閣も眺めることができます。

神秘的な雰囲気が漂う玉出の滝

では、階段を下りて滝がある場所へと進みます。
5
この門を潜れば神聖な場所なので、礼儀作法をしっかりと行ってお入りください。
6
さぁ、これが大阪市内で唯一流れる天然の滝「玉出の滝」です。

7
このように3箇所から流れ出ている「滝」ですが、ここで筆者はあることに気がつきました。
5月に掲載した「週末は京都へ!~故きを温ね新しきを知る旅~」で京都の清水寺を訪れた際に撮影していた「音羽の滝」に非常に似ている造りになっています。
8
こちらが5月に撮影した京都・清水寺の音羽の滝です。
9
そんな玉出の滝ですが、石垣と木々に囲まれたこの空間はとても神秘的で、まるで大自然の中にいるような不思議な感覚が芽生えます。
流れる滝と神聖な雰囲気の中にいると、ちょっとした涼を感じることができます。
10
舞台もあり、滝もある大阪の「清水寺」。
ぜひ1度参拝されてみてはいかがでしょうか?