ENTRY
06月09日12時50分

登記されている内容とは?!(不動産登記③)

不動産登記って、どんな内容が登記されてるの? 登記されていることは、すべて、どの不動産でも、誰でも、確認することができます。

登記されている内容

不動産登記は、大きく分けますと、2つに分けることができます。
不動産の外観を示す「表題登記」と、
不動産の権利関係を示す「権利部」です。

表題部

不動産の種類や外観の登記です。
土地であれば、どこにあって、何に使われているか、例えば、マイホームを建てるための敷地や道路、田んぼなどですね。その土地の面積についても登記されます。
建物も同じように、どこにあって、何に使われているか、そして、構造です。何階建てで、木造か、鉄筋コンクリート造か、床面積はどれくらいか、などです。
この表示の分野については、土地家屋調査士が専門家で、表題部の登記申請について代理することができます。

権利部

権利部は、さらに「甲区」と「乙区」に分けられます。
「甲区」とは、所有権について、登記される部分です。どこの誰が所有者か、が登記されます。
「乙区」とは、所有権以外の権利について、登記される部分です。たとえば、不動産の所有者にお金を貸した人が、不動産に担保権を設定する場合は、ここに担保権の登記がされます。
この権利の分野については、司法書士が専門家で、権利部の登記申請について代理することができます。

登記内容の確認

以前、登記事項証明書について説明しましたが、この登記事項証明書には、表題部・権利部(甲区・乙区)のすべてが記載されますので、登記内容のすべてを確認することができます。
登記事項証明書は、どの不動産でも、誰でも取得することができます。
例えば、不動産を購入しようと思ったときに、どのような不動産で、誰が売主かを確認することができますし、その不動産が担保に入っているかどうかも確認することができます。
登記事項証明書には過去の情報も記載されているため、過去の所有者や、過去に担保に入っていたかどうかも確認することができます。
これらのことを、一般に公開し、誰でも確認できるようにしておくことで、円滑な取引と取引の安全を確保しています。

このコラムの担当は

司法書士 森高悠太
ホームページ http://www.moritaka-leo.jp/

司法書士 もりたか 法務事務所
〒564-0062
大阪府吹田市垂水町2丁目3番26-302号
TEL 06-6310-1707