ENTRY
05月20日20時30分

日本だけで売れていない世界の最高のバンドたち③スイスのスターバンド、LOVEBUGS。

さて、久方ぶりのご紹介となります、日本人が知らない世界で売れてるバンドたち。 今回ご紹介するのは本国スイスでは超有名なバンド、Lovebugs。 キャッチーでポップで、日本人が好きそうって言われそうなバンドなのに、僕らが知らないのは何故なんでしょう。

LOVEBUGSの滑り出し

one of the best swiss band

バンドを率いるのは、ボーカリストであり、作曲家でもあるエイドリアン・シェバー。

ベーシストであるセバスチャン・ハウスマンと、ドラマーのジュリーを率いて1992年に結成されたLOVEBUGS。

1996年にはアルバム『Lovebugs』でワーナー・ミュージックからメジャーデビュー。

そして2000年の『Transatlantic Flight』では、スイスのチャート3位にまで昇り詰め、満を持してリリースした2001年の『AlwayDays』では見事チャート1位を獲得するまでに至りました。

LOVEBUGSオフィシャル・サイト (http://www.lovebugs.ch/)

音楽性の違い?

多数のシングルをリリースし、まさにトップアーティストと呼ぶに相応しい地位を確立したLOVEBUGS。

しかし、成功にはトラブルがつきものなようで、LOVEBUGSの設立メンバーの一人である、ベーシストのセバスチャン・ハウスマンが、自身のグラム・ロック・バンドであるFucking Beautifulに専念するために脱退。

Fucking Beautifulでセバスチャンはギターボーカルとして活躍していたようですが、2012年以降の活動が見当たりません。

まさに、よくある話ですね。

Fucking Beautifulオフィシャル・サイト(http://www.fuckingbeautiful.ch/wordpress/?page_id=4)

脱退からのソロ、これぞロック・バンド!?

さて、メンバーの入れ替えに戸惑ったLOVEBUGSですが、2003年に再び活動を再開。

2003年に『13 Songs with a View』を発表し、続く2005年の『Naked』 では再びチャート1位を獲得。

2006年には代表曲となった『Avalon』を収録した『In Every Waking Moment』を発表。

さぁ、再び快進撃が始まると思ったところで、今度はボーカリストのエイドリアンがソロプロジェクトを開始するという、ホントに落ち着かないバンドです。

 

Adrien Sieber「Round Round Song」は、なかなか面白いPVですよ。

そして、現在のLOVEBUGS

そして、再び2009年にアルバム『The Highest Heights』をひっさげて活動を再開しLOVEBUGS。

なかなかの名曲揃いで、見事チャート2位に食い込み、オーケストラとのライブも開催しています。

そして、2012年にはベストアルバムと数枚のシングルを発表し、やっと一段落。

ロックバンドにはありがちと言えど、この波瀾万丈すぎる経歴が、日本で紹介されない理由かもしれませんね。