ENTRY
05月08日10時31分

何もかもが手作りの祭典「大阪・中之島まつり」参加レポート

ゴールデンウィーク中は様々なイベントが各地で行われました。今回は、大阪・中之島にて行われた「中之島まつり」に参加してきたので、写真とともにお伝えしていきます。

すべて手作り!個々の力が結集されたお祭り!

まず、中之島まつりとはどんなもの?からご紹介します。
歴史は古く、1973年に大阪市内にある中之島公園一帯の景観保存を目的に開催されたのがきっかけです。

1

このお祭りの特徴は、参加する団体や個人が実行委員会を結成し、企画から準備、そして祭りの運営までのすべてを手作りで行っているという点です。
手作りということで、各参加者の方たちのアツい気持ちが結集された一大イベントとなっています。
そして、第43回目となる今年は、「遊言実行!いっせーのSay!!」をテーマとし、「言う」「遊ぶ」に着目し準備されました。

いざ会場へ!掘り出し物が続々と出てくる販売ブース

それでは、お祭り会場に入場してみましょう。
2
入場口となる看板ももちろん手作り!

3
まず目に入ったのが古本即売コーナーです。
価格を見てみると「1冊50円」「2冊80円」「3冊100円」という驚きの価格帯で販売されています。
このほかに古着コーナーなどがあり、格安で掘り出し物に出会えるスポットがいくつもありました!

メインイベント「中之島映画祭」

4
このお祭りの中心となる中央公会堂では、「中之島映画祭」が開催されました。
今回が第11回目で、自主制作の映画の上映会です。

この映画祭は観客が審査するという点も特徴的ではありますが、今回の映画祭はノミネート作品が193本あり、その中から上映される12本が選ばれるという、非常に狭き門です。
そして、12本が3日に分けて上映され、栄えあるグランプリには「チャリンコレクイエム」が選出されました!

家族連れに大人気!手作りアトラクション

また、このお祭りの人気コーナーとして「手作りアトラクション」コーナーがあります。
こちらも毎年恒例のもので、いくつかのアトラクションが存在します。
5
このように、各アトラクションに長蛇の列ができ、楽しむ子供たちの様子が垣間見ることができました。

毎年開催!来年はぜひあなたも!

6
この中之島まつりは、毎年開催されています。
子供だけではなく大人も夢中になって楽しめるものがたくさんあるので、次回開催された際にはぜひ参加していただきたいです。

きっと、子供の頃のような笑顔になれること間違いありません!

▼詳細情報はこちらから

中之島まつり
http://www.nakanoshima.net/