ENTRY
04月02日12時10分

アジア太平洋広告祭にて金賞受賞!泣きやみ動画「ふかふかかふかのうた」とは!?

このたび、アジア太平洋広告祭にて 泣きやみ動画「ふかふかかふかのうた」なるものがモバイル部門・金賞、インタラクティブ部門・銀賞を受賞した。一体、「ふかふかかふかのうた」とはなんなのか? その正体に迫っていこう。

再生回数900万回!驚異の再生回数を誇る「泣きやみ動画」

まず、泣きやみ動画とはどのようなものなのか?

2012年10月から発売している、ソフトキャンディ「カフカ」のプロモーションの一環として作られたこの動画。

この商品のターゲットは30~40代女性であり、家事や育児に忙しく、子育てに便利な「泣きやみ動画」を開発。
動画には日本音響研究所の監修を受け、科学的根拠に基づいて制作されている。

そして、実際に0〜3歳児の52名に動画を見せたところ、96.2%の子どもが泣きやむという驚きの調査結果が出たのである。
この調査結果は海外のwebメディアでも紹介され、動画の再生回数は、900万回を超えるという爆発的な人気を評している。

この96.2%というデータは、一時的な泣きやみも含まれている。

これが 泣きやみ動画『ふかふかかふかのうた』だ!

では、実際に動画をご覧いただこう。
これが『ふかふかかふかのうた』である!

いかがだろうか。
ふわふわとした感覚の歌だ。
このうたで96.2%の子どもが泣きやむというのだから、納得してしまう。
科学的根拠に基づいて制作された日本音響研究所に脱帽だ。

このほかにも、一般の方が実際にこの動画を子どもに見せた時の効果を撮影した動画や、このうたを15分間連続でリピート再生している動画もあり、小さい子どもを持つ親で知らない人はいない。という大ブームである。

 

CM担当者、そして日本音響研究所 代表のコメント

では、この動画を担当している株式会社 ロッテ 広報・宣伝部 水野 路可氏のコメントをご紹介しよう。

 昨年の「カンヌライオンズ」に続いて、今回もこのような賞をいただき、担当者一同、とてもうれしく思います。ありがとうございます。これは、お子さまの グズリ泣きに悩む、お母さんのための動画です。お母さんの役にたっていることと、動画を配信してから約1年半が過ぎた今も、多くの方に動画をご覧いただい ていることが評価されたのではないかと思います。今後もお客様に喜んでいただける商品開発、プロモーション企画を行っていきます。

そして、この動画の監修をした日本音響研究所 代表 鈴木 創氏のコメント。

 小さな子どもは、大人にくらべて、さまざまなことに強い好奇心を持っています。この動画には研究を元にした、ちいさな子どもの興味を喚起させる音がバリエーション豊かに盛り込まれています。子どもが「ぐずり泣き」で困った時などにぜひ見せてみてください。

ということだ。
ただ、「おなかがすいた」「どこかがいたい」など生理的要因によって泣いている場合は効果は出ないということなので、ご注意いただきたい。

子どもが泣きやまないときに是非!

1
さて、今回ご紹介した泣きやみ動画『ふかふかかふかのうた』。
もし子どもが泣きやまないということになった時は、ぜひ1度この動画を見せて効果が出るかチャレンジしてみてほしい。

この動画の詳細や概要は以下のリンクから見ることができる。
お口の恋人 ロッテ|cafca 「泣きやみ」動画
http://lotte-cafca.jp/movie/index.html