ENTRY
03月25日23時30分

実際どうなの?Bluetoothのヘッドセットとか、スピーカーとか。

さて、携帯音楽プレーヤーやスマホの普及によって、異様な盛り上がりを見せているイヤホン&ヘッドフォン市場。 今や無線の技術もどんどん向上し、Bluetooth(ブルートゥース)を利用した無線のイヤホンやヘッドフォンも、次第に増えてきました。 今回は、通話でも音楽でも自由度が高まる、Bluetoothのヘッドセットやスピーカーについてお話させて頂きます!

Bluetoothの音質って、実際どうなの?

さて、Bluetoothを使おうと思ったときに気になるのが、その音質。
結論から言いますと、イヤホンを直接つなぐよりも、Bluetoothを使ったほうが音質は少しだけ劣化します。
理由は、音楽のデータを無線用のデータに変換する時に、若干のロスが発生するためです。
また、無線用データに変換した場合、不要な部分を削り取る場合もあります。
そのため、イヤホンで繋ぐよりは、音は良くありません。
また、mp3ではデータのサイズが大きすぎるために、mp4のように小さなファイルのほうが音がいいという現象も発生したりします。

もちろん、近年発売されているモデルでは、データの劣化を抑えたり、再生するときに独自の技術を使って音質を高める等、様々な工夫が凝らされています。
そのため、できるだけヴァージョンが新しいものを選ぶのがベストです。

Bluetoothを使うということ

多少の音質の劣化はあっても、Bluetoothの魅力と言えば、やはりその自由さです。
スマホなどを鞄やポケットに入れたままでも、通話や音楽を楽しめる。
またパソコンにわざわざつなげなくても、スピーカーを鳴らすことができる。
そこで、今回は仕事も遊びも自由度が広がる製品をいくつかご紹介したいと思います。

Bluetoothで通話と音楽を楽しむには

運転中や仕事中、家事の時間でも両手を使いながら通話も音楽も楽しめる。
通話と音楽に特化したヘッドセットとしてお勧めなメーカーといえば、デンマークのJabra。そして、アメリカのplantoronicsです。
どちらのメーカーもBluetooth関連の製品で有名になった、高品質な製品を提供しているメーカーで、安定した接続と、比較的安い価格帯で、人気があります。
何かしながら通話と音楽を楽しむ場合、両耳で使えるものもありますが、やはり片耳用のヘッドセットが非常に便利です。
Jabraでは、Jabra CLASSIC 、plantoronicsであれば、M25 でしょう。
どちらも、安定した接続と音質で、通話でも音楽でもストレスが少なく、長時間の使用にも堪えうる魅力的な製品です。

そして、通話と音楽に最もお勧めするのは、やはりBOSEのBose Bluetooth headset Series 2 (右耳用)でしょう。
しかし、右耳用と左耳用と別れていますので、購入の際にはご注意ください。

Amazonへ移動→ Jabra CLASSIC
Amazonへ移動→ plantoronics M25
Amazonへ移動→ Bose Bluetooth headset Series 2 (右耳用)

Bluetoothで音楽を楽しむには

Bluetoothで音楽を楽しむなら、やはりポータブル・スピーカーでしょう。
小型ながら、しっかりとした音量でアウトドアや、パーティ、プレゼンテーションなどでも使える製品が続々と出てきています。
その中でも、最近Bluetoothに力を入れているJBLの製品は見逃せません。

ポータブルのスピーカーとして音質、デザインともに優れているのが、JBLのPULSE です。
残念ながら現在は、Apple製品にしか対応しておりませんが、音と連動するLEDライトや、高級感のある素材など、非常に魅力的な製品です。
また、同社のBluetoothのヘッドホン J56BTもとても仕上がりが良く、コードレスの自由さを堪能できる逸品です。

Amazonへ移動→ JBL PULSE
Amazonへ移動→ JBL J56BT

Bluetoothをつけて街に出よう

コードレスの生活は、一度体感すると抜け出せないほど便利です。
数年前よりも、Bluetoothの接続も簡単になっているので、これから無線を始めようと思う方には最適な製品が揃っています。
しっかりと充電をして街へ出れば、コードが絡まる心配も、抜け落ちる心配もなくなる。
一歩前に進んだ生活、ちょっと始めてみてはいかがでしょうか。