ENTRY
03月11日13時30分

iTunes Festival 2014いよいよ開幕!それで、SXSWとは何のこと!?

今年もやってまいりました、iTunes Festival。よし、超有名アーティストの動画が無料で見れるぞ!と思っておられる方々も多いと思われますが、それよりも凄いのが、開催会場であるSXSW。でも、SXSWって一体何のことか知ってます?

SXSWって何のこと!?

今回のiTunes Festivalが開催されるSXSWとは「サウス・バイ・サウス・ウエスト(south by southwest)」の略で、1987年よりアメリカ、テキサス州のオースティンで毎年開催されている音楽業界最大の見本市であります。
 およそ10日間に渡って、2000以上のアーティストと、何百という映画作家、名もなきベンチャー企業から誰もが知っている超有名企業までが、こぞって参加するイベントです。
 ライブに映画、プレゼンテーションや対談、新製品や楽器の紹介に、講演会に会議までが一挙に開催され、都市まるごとがフェスティバル会場であり見本市であるという日本では考えられないようなビッグ・イベントなのです。

 

スクリーンショット 2014-03-10 22.51プレゼンテーションにはレディ・ガガも参加!(http://sxsw.comトップページより引用)

iTunes Festival 2014 SXSWの見所とは!?

 さて、そんな超ビッグ・イベントの見所と言えば、「見本市」であるという事です。
 ありとあらゆるアーティストが、新しい音楽、そして新しい音楽の楽しみ方やパフォーマンスをひっさげてイベントに参加するのです。
 「これって最高じゃない!?」というような自信たっぷりの参加者しかいないイベントなので、演奏される音楽や製品や、映画に対する気合いの入れようは生半可なものではありません。
 そして、各大企業からはマネージャー以上の職員が集まるため、会場ではバンバンと契約が決まって行く。
 今や世界を代表するギタリストである、ジョン・メイヤーもこのSXSWがきっかけでデビューしたのです。
 そんな中で、あえてiTunesがフェスティバルを開催するという事は、つまり「最高のアーティストで、最高のステージを作ります」と言うことなのです。
 これは見なくては損かもしれませんよ。
 
 
音楽だけでなく、数々の映画紹介も行われる(上記動画)

知らないからこそ、知りたい!新しい音楽の楽しみ方

 日本国内でニュースや広告などで見かけるアーティストは、有名だったりベテランのアーティストである事が多いものです。
 やはり必ず売れるアーティストや、必ず売れるアルバムというもののほうが宣伝に載りやすいのは、事実ですし、間違いのないものです。
 しかし、インターネットの普及によって、ありとあらゆる音楽に触れることができる現代、広告やニュースだけで満足するだけでは、もったいなくないでしょうか?
 もちろん、SXSWはアメリカが開催地なので、英語ばかりの内容ではありますが、無数のアーティストが自分の世界観で勝負する「見本市」だからこそ、欲しい音楽と出会える最高の機会になるのです。
 
 音楽に国境はありません。
 たとえイベントに参加できなくても、メモとインターネットさえあれば、新しい音楽と新しい楽しみ方が始まるかもしれません。
 それは、まず再生ボタンを押してみるという、とても単純なことなのです。
 下記の動画では、SXSW参加アーティストのプロモーション・ビデオが存分に堪能できますよ。
 
 
 

期待感あふれる音楽体験を!

 さて、現在開催されているSXSWにおいてiTunes Festivalは本日(日本時刻としては明日)から始まります!
 まずは、アプリケーションをダウンロードするなり、iTunesのサイトに足を運んでみて、最高のライブを見てみようじゃありませんか。
 もし、もっと知りたくなればSXSWのアプリケーション(英語版のみ)もあります、そして内容の濃いホームページもあります。
 『誰も知らないような最高の音楽を自分は知っている!すぐに誰かに教えたい!』
そんな期待感にあふれる音楽体験、始めてみてはいかがでしょうか?