ENTRY
03月13日14時19分

【経営者インタビュー】株式会社アイズモーション 専務取締役 渡辺太志氏

MediaDisPatch!インタビュー企画!11月から2月まで週刊連載をしていただいた、株式会社アイズモーション 専務取締役の渡辺太志氏にスペシャルインタビューを行ったので、ご覧ください。

渡辺氏のスペシャルインタビューです!

大きな画面で見る→Youtube動画はこちら

初めての投稿でしたたが、感想を教えて下さい

このような制度は意外に知らないという人が単純に多いと思っています。
助成金と補助金では違ってきますし、申請して受託されたらそこで終了、そしてお金がもらえるものだと思っている人が非常に多いことに気付きました。
実際は、それらをすべて運営し報告書を出して、しばらくしてからお金がもらえます。
ましてや、そのお金を会社の資金繰りでそのまま使おうとする人が多いので、それはそれでケースが違うということで皆さんに訴えたかった所存です。

助成金を活用する中で、気をつけることはありますか?

皆さんが、その助成金を「先に使う」ことが先行してしまう。
これは極力避けていただきたいです。

できれば、自分たちが人の問題や、設備・会社の問題で、それらをクリアにするために助成金を使おうと思ったときに初めて動いてほしい。
その助成金の制度がある、補助金の制度があるからと言って、それを使おうと思うことや、受諾すること。
それがメインになることはまずやめてほしいです。

そのためには、会社にこの制度がマッチしているかどうか、ということを吟味してから初めて動いてほしいと、私は思っています。

中小、個人の企業にも補助金をもらえる制度はあるのですか?

2
基本的に人を一人以上雇って、雇用保険をかけていただける会社・個人事業主であれば、問題はありません。
ただ、案件というものがあり、一般の小売業に比べて、日本経済の中では第一次産業のほうが苦しいというのが現状です。その次が製造業です。
そういった中で、厚生労働省の助成金に関しては、そちらが優先になっているのが現実です。

ただ、その情報というのは厚生労働省・労働局や、ハローワークのホームページにも様々な情報が出ていますので、まずそれらを活用していただいて、ご自身の会社のニーズに合ったものを探していただくことがスタートだと思っています。

渡辺 太志氏 プロフィールご紹介

【経営者インタビュー】株式会社アイズモーション 専務取締役 渡辺太志氏
渡辺 太志
(株)アイズモーション専務取締役
http://www.eyezmotion.com/

某大手機械メーカーに開発職として勤務。
その後、海外事業部で中国で一からの工場立ち上げに技術者として参画。その後、大手コンサルファームにてコンサルタントとして中小企業の経営戦略から組織開発までのトータル支援を行う。
特に製造業のネットショップ構築で何を持ってPRすべきかを経営者目線で検討しより優れた戦略・戦術構築を行うのを得意とする。