ENTRY
03月06日13時01分

XPサポート終了まで残り1か月!早急な買い替えを!

Windows XPのサポートが終了する4月9日(日本時間)まで、あと1か月と迫ってきた。XPユーザーに対しての早急なPCの買い替えを呼び掛けると共に、サポート終了に関するニュースをご紹介していこう。

サポート終了のカウントダウン

ちょうどサポート終了日の1か月前に当たる3月9日、XPのパソコンにこのようなポップアップの警告が表示される。

ah_xp1

こちらは英語版のメッセージだが、Windows Updateからサポートを終了するという警告で知らせてくる。
この警告にはサポート終了に関する特設ページも掲載されており、より多くのXPユーザーにサポートが終わってしまうという呼びかけを図る。

サポート終了後もXPを利用するIT管理者は47.%!

また、ウイルスバスターでおなじみのトレンドマイクロ社が調査したアンケートが1月に発表された。
対象の515人のIT管理者から回答を得た結果が以下の通りだ。

 ・515人のうち53.8%が業務用PCでWindows XPを使用

 ・このうち47.7%の回答者が、サポートを終了する4月以降も業務用端末として使用する

 ・4月以降もXPを使用する回答者のうち約2割は、そもそも移行する予定がない

という驚きの回答結果が出た。

また、4月以降も使用すると答えた理由について、

 ・時間の関係で移行しきれない

 ・XPでないと動かない業務アプリケーションがある

 ・移行のためのコストがかかる

以上が、主な理由である。
それでもXPを使い続ける!というユーザーが未だに多いことがうかがえる。

このまま使い続けると…

しかし、使い続けるには多大なリスクを伴うことになる。
以前の記事(http://media-dp.com/1169/)でもお伝えしたように、今までは穴ができたらすぐさま埋めてくれていたサポート。
そのサポートが終了すると、大きな穴ができても誰も埋めてくれなくなる。
ということは、XPは穴だらけになってしまい、ウイルスやハッキングの巣窟になってしまう。

特に、業務用としてXPを利用している法人ユーザーは、会社や顧客の情報がいとも簡単に流出してしまうという事態が十分に起こりうるのだ。
果たして、このようなリスクを背負うことになってもまだXPを使い続けるといえるのだろうか?

早急の買い替えを!

さすがにこのような事態になることを考えると、ようやく買い替えをしなければならないという危機感を持っていただけるはずだ。

そんなユーザーに筆者がオススメしたいパソコンが、以前から特集を組んでその魅力をお伝えしていたZarcコンピュータだ。
家庭用からビジネス、そしてクリエイターまであらゆるユーザーに合ったモデルが存在し、その性能に驚くユーザーが増え続けている。

5

こんなときにこそ、このパソコンを使って満足していただきたい。

Zarcコンピュータの商品情報・ご購入はこちらから
http://www.zarc.jp/