ENTRY
02月28日12時30分

BENシリーズ 便秘の悩みさようなら 最終週

便秘は今や国民病とも呼ばれています。 食生活の変化、腹筋が弱い、もともと胃腸が弱いなど、様々な理由はありますが、そのほとんどは自ら防げるものなのです。 この便秘について、をBENシリーズと名付け、排便のメカニズムや原因、予防方法などを一緒に考えてきましたが、いよいよ最終週となりました。 前回は運動の必要性を、そして今回は便秘とさよならする食べ物について解説します。

BENその15 基本中の基本 規則正しい食事の生活

想像してみてください。
お腹の中であなたの食べた物が無意識のうちにBENを作ってくれています。
意識したことのないことを意識して良い便を作りましょう。
唯一の貴方ブランドの生産物なのですから。

不規則な時間に食事をしたり、のべつ幕なしにダラダラと間食をしたり、また間違った無理なダイエットも禁物です。
食事の質のことを考えて下さい。

コンビニ弁当やインスタント食品、冷凍食品のような便利な食品ばかり食べていると、高脂質な食事になりやすく、ビタミン、ミネラル、食物繊維が不足しますので、偏った食生活は便秘を招く元となります。

空腹は満たせても、質の悪い食事は必ず病気の元になりますから、栄養のバランスを考えて食事を摂りましょう。

BENその16 水分の摂取

水分が不足すると、便が硬くなって出にくくなります。
出にくくなった便が腸に停留すれば、ますます水分が吸収されて一層硬くなり、悪循環が起きます。
そうならないようにするために、こまめな水分補給をして下さい。
食事にスープやお汁をつけることも工夫の一つです。

ところで・・・
牛乳を飲むとお腹を下す、という人いらっしゃいませんか?
実は牛乳にはちょっとした下剤効果があります。
でもこれは、日本人には牛乳を分解する酵素が少ないから発生する現象なのです。
便秘に調度良いと言って、冷たい牛乳を飲む人がいますが、これは全員に当てはまるわけではありません。

ですが水分を摂取するという意味でも、朝起きた空腹時に、冷たいコップ1~2杯の牛乳を飲むことは悪いことではありません。
牛乳が根本的に苦手という方にはフレッシュジュースや冷たい水でも良いですよ。

BENその17 耳より情報 ダイエット中の便秘に欠かせない食材を紹介

ここですこし脱線して、ダイエットをしている方に耳寄り情報です。

ダイエットを心がけている人は低エネルギーで食物繊維の多い食品を上手に使うのがポイントです。

キーワードは、量を多くして満腹感があり、しかも低カロリーであることです。

食材として

海藻類
ビタミン・ミネラル・水溶性食物繊維が豊富でノンカロリー

きのこ類
ノンカロリーでビタミン豊富

こんにゃく
3%の水溶性食物繊維に97%の水という究極のノンカロリー食品

おから
低カロリーで高栄養価

栄養素として

ビタミンE
大豆製品やナッツ類、かぼちゃ等
冷え性の方に特にオススメなビタミン。末梢血管を拡張する作用があるため、全身の血行が良くなり、腸の血液も増え、腸の働きが活発になります。自律神経にも良い働きをします。

ビタミンB1
レバー・ブタ肉・ピーナッツ
腸のぜん動運動をコントロールする自律神経に良い働きをします。

BENその18 脂質も大事よ!

昨今のダイエットブームで脂質が嫌われ者扱いされていますが、栄養素の中で脂質は大切な働きがあるのです。
なぜなら細胞膜を守っているのは何を隠そう脂質なのですから。

間違ったダイエットは、かえって老化が進みます。
不飽和脂肪酸を積極的に取り入れて便の出をスムーズにしましょう。

例えばオリーブオイル・あまに油・エゴマ油・魚の油は良いですよ。

BENその19 食物繊維は大の味方!

食物繊維は2種類あります。
一つは水溶性食物繊維。もう一つは不溶性食物繊維です。

水溶性食物繊維はこんにゃくや海藻類に多く含まれています。腸内の善玉菌を増やす働きがあります。
善玉菌の多い腸内は元気な腸であることの証です。

不溶性食物繊維は野菜に多く含まれています。不意分を吸収して便を柔らかくし、便の量を増やす働きがあります。
白いご飯を玄米や胚芽米に替えてみたり、パンをライ麦パンや全粒粉パンに替えると、主食で食物繊維を多く取れます。
野菜類には加熱調理することで大量に取ることができるのです。

常に多くの食物繊維を摂ることを心がけましょうね!

BENその20 おやつ(間食)は果物を おかずに酢の物の一品を

果物には水分が多く含まれています。
その上果糖は腸に刺激を与えて排泄をスムーズにする作用があり、さらに水分を引き込む作用がありますから、便を軟らかく排泄しやすくしてくれます。

でも注意点もあります。

果物は生酵素(ナマのままのという意味)を食べますので、食後よりは、間食で摂るほうが良いのです。
また果物の食べ過ぎは肥満になりますからほどほどにしましょうね。

酢の物の酢酸・クエン酸・リンゴ酸は腸を刺激する作用が有ることで便通を良くしてくれます。
料理に酢を積極的に使うのも便秘の解消の良い方法です。

BENその21 まとめ

便秘(Benpi)で悩んでいると、ついつい便秘薬で解消しようとしがちですが、頻繁に使うと効きめが悪くなり、飲む量が増えてしまいます。
便秘薬を常用すると、身体にとって負担になります。
漢方薬は自然の材料であっても薬効効果がある分、副作用が起こることも有りますから注意が必要です。

根本的な原因である食事や運動や適切なサプリメントなどで改善を試みた結果、どうしても出ない時のみ最低限使用するようにしましょう。

便秘にならない体質づくりは病気にならない体質づくりです。

美しく健康に生きるための必須条件なのですよ!

BENシリーズ 完

この連載の担当は・・・

BENシリーズ 便秘の悩みさようなら 最終週
井上 千明
医学博士
健康管理士
健康カウンセラー
ホリスティックラボ主催

http://www.bontec.co.jp

結婚、出産育児、妻、母親そして企業家経営者という体験から、なにか社会の役に立ちたいという意識を強く持ち、現代人の健康と生活に密着した一番大事なものとしての、「水」に注目、美味しく安全なる水を消費者に送り出す。また心身を患う人びとへメディカルアドバイザーの立場から副作用の無いバイオテクノロジーによる薬用飲料の普及活動に携わる。現在は株式会社ボンテックでアドバイザーを務め、健康不安を感じる方からの電話相談を幅広く受けている。