ENTRY
01月21日13時12分

無料通話からビデオ通話やゲームまで!「Tango」

スマホやiPhoneユーザーが増加し続けている昨今、便利な無料通話アプリも豊富に存在している。そんな今回は「Tango」というアプリで、より快適な通話を楽しんでもらいたい。

Tangoって?

まず、このTangoというアプリ。
真っ赤なアイコンを目にしたことがある方もいるかもしれない。
一体どんなことができるアプリなのだろうか、という点を説明したいと思う。

そもそものメインツールは無料通話ができるということ。
登録すると、LINE等のように電話帳に登録されている知人や友人が表示される。
最近では写真やテキストも投稿できるタイムラインツールも登場し、イイネを押すことができる機能も追加された。

1

こちらがメイン画面。
ここから写真を投稿することができる。

高品質のビデオ通話

2

友人ページの表示。
チャット、音声通話、ビデオ通話がワンタップで可能。

筆者はこのアプリを1年近く愛用しているが、ビデオチャットもオススメしたいポイントである。
ビデオ通話が可能のアプリもたくさんあるが、品質の点ではこのTangoもなかなか高いクオリティを誇っているのではないだろうか。
画質だけではなく、動きも非常にスムーズでなめらかなビデオを見ることができる。
実際の通話画面をご紹介できないのが残念ではあるが、このビデオ通話も是非とも試していただきたい。

通話中ミニゲームで盛り上がること間違いなし!

22

このTangoにはゲームも豊富にある。

筆者がイチオシするTangoの魅力と言えば、通話中ミニゲームだ。
この名前から分かるが、通話している相手とミニゲームで遊べるということ。

3

先ほどの主なゲームの画面右上にあるマークをタップすると、4つのメニューが登場。
ここにある「通話中ミニゲーム」をタップ。

通話していなくても遊べるので、今回は「ダーツ」をプレイしてみる。

シンプルだけどすぐ上達できる「ダーツ」

ここからは普段執筆しているゲーム紹介のようなテイストでお送りしよう。

4

ダーツ301。だ。
非常にシンプル。

ルールは、持ち点である301点を相手より早くちょうど0点にすれば勝ち、というもの。
ちなみにこのゲームは一時期、筆者が激ハマりしていたものである。
久しぶりの挑戦だ。

5
プレイ画面はこのような感じで、ダーツを持った状態で軽くスワイプすると投げることができる。
1度に3回投げられるので、さっ、さっ、さっ、といった感じで投げていく。

55
久しぶりのプレイにもかかわらず、3連続でど真ん中を射抜く「BULL S EYE」!
より早く上がることができそうだ。

6あと12を残すところまできた。
さぁ1発で上がれるのか!?

7

勝ったー!!
この点差で見事勝つことができた。

Tangoで広がる楽しい毎日

ミニゲームひとつでここまで盛り上がれる。
それもTangoの魅力ではないだろうか。
是非とも、友人と通話しながらミニゲームで楽しんでもらいたい。

チャット、音声通話、ビデオ通話からゲームまで幅広い機能を搭載したTango。
このアプリで普段の生活により良いアクセントをプラスできたら幸いだ。

▼ダウンロードはこちらから

「Tango」

iPhone: Tango Video Calls – TangoMe, Inc.
android: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sgiggle.production&hl=ja

筆者:うえち