ENTRY
01月17日12時30分

ダイエットやるぜ! 今ちょっぴり話題の“魔女のスティック”を試してみた!

年末の忘年会から、年明けの新年会と続き、財布の膨らみが劇的に減っていくのに反比例して私のお腹はどんどんふくらんでいく。そんな思いの方はきっとたくさんいるだろう。 さあこれからダイエットだ!と思っても、寒くて体が動きにくいし、忙しくて後回しにしがち。サプリに頼ろうと思っても、何を飲めばよいかわからない。 そんな中、MDP編集部では今ちょっぴり話題のサプリ“魔女のスティック”をこっそり試してみた。 これ、ダイエットにいいかもよ?

“魔女のスティック”体験レポート

ダイエットやるぜ! 今ちょっぴり話題の“魔女のスティック”を試してみた!
魔女のスティックを手にとってみた。ピンクっぽい可愛いパッケージで、真ん中に浮かぶ満月に魔女のシルエットが描かれていた。今まで色んな健康食品のパッケージを見てきたが、明らさまに女性にターゲットを絞った奇抜なデザインで、男性の私が手にするにはちょっと躊躇するデザインだ。

さて、中を開けてみるとスティックが15本と簡単な説明書きが同封されていた。お値段は4500円。1日1本で15日分となると、1日辺り300円になるので、他の健康食品に比べるとちょっと高めなのかなとも感じられるが、普段の外食に使ってる金額から考えると、ダイエット効果があるのなら安いもんだろう。

早速1本飲んでみた。
中は顆粒になっているようなので、水を用意してサッと口に入れる。
・・・量が多い!
1回分の量としては明らかに多めである。味やニオイは全く無い。

開発者の話によると、スティック1本に2.2g入っており、効き目を出す為に赤字覚悟で量を多くしたとか。
重要な事は、必ず食前に飲むことだそうで、お腹の中に先回りをして、糖を受け止めて排出してくれるとのことだ。もし一回で飲みにくい時は、朝と晩の2回に分けたり、サラダや味噌汁に入れて一緒に食べるのも良いと言ってくれた。

なるほど、デザインといい、効き目といい、赤字覚悟で開発をしているのなら、相当気合が入っているのだろう。ここは信じてしばらく飲んでみるとしよう。

筆者が魔女のスティックを飲み始めたのは昨年の12月10日から。結果はまた後程書く。

でも、一体どういうメカニズムでダイエットになるのだろう?そこの話しをもう少し詳しく聞いてみた。

“魔女のスティック”の目標 糖化の防止

開発者の話によると、“糖化”が体にとって一番の大敵だそうだ。
ではその糖化とはなんだろうか?

糖化とは、タンパク質と糖分が結びつき、タンパク質が変性(酸化や炭化)する反応のことだ。
私達の体の大部分はタンパク質で作られているのだが、タンパク質は余った糖分と結びつきやすく、この2つが結合するとタンパク質が変性し、最後にはAGEsという異常タンパク質が生成されてしまうのだ。このAGEsが色んな悪さをする。脂肪の蓄積、お肌のシミ・シワ・くすみ、髪の毛や骨にまで、要するに老化しやすくするのだ。majo03

糖分の摂り過ぎが肥満になるというのはなんとなく判ってたけど、それが老化の一部だというのは正直驚いた。
“魔女のスティック”はその糖化の元となる糖分の吸収自体をカットしてしまおうというのが目標だということだ。

ではどのようにしてカットしてくれるのだろうか。

糖化の元となる糖分を吸収させない!

糖化の元になる糖分を吸収させないなんてことは本当に可能なのだろうか?開発者に伺うと、その話だけで30分以上熱く語られた上、専門用語が多く難しかった。

要約するとこうだ。
“魔女のスティック”に含まれる主成分であるDNM(デオキシノジリマイシン)は糖に似た化学式を持っているとのことだ。糖分は腸の壁にある細胞から吸収されるのだがそこにDNMがたどり着くと、糖分と間違えた細胞がDNMを取り込む。腸細胞は頑張って吸収しようとするが、本当の糖分ではないので、そこで押し問答をするそうだ。すると本物の糖分が来ても拾うことができず流れてしまうのだ。

血液中に取り込まれた糖分は適正な量ならば、活動のエネルギーに使用されるので、余分な糖分が体に残らず、その結果悪さをするAGEsが発生しにくいというわけだ。

“魔女のスティック”は本物か?その効果のほどは

先にも伝えたが筆者が飲み始めたのは昨年の12月10日。この原稿を書いているのは1月14日だから1ヶ月ちょっとになる。年末年始の繁忙期を仕事で追われ、徹夜も幾度とあり、忘年会も10回程こなし、かなり不摂生な生活を続けてきた。その間も“魔女のスティック”だけは必ず毎日1本ずつ食前に飲み続けてきた。

その結果は、体重が全く増えていない。それどころか3kg減っていた。これだけ不摂生な生活をしていたなら、それこそ私の体内は糖化物質だらけだろうと思いきや、余分な糖分は確実にカットしてくれているようだ。

最後に開発者がこのようなことを言っていた。
「魔女のスティックを飲み続けると、特に寝る前とかに甘いモノが欲しくなったりします。それだけはグッと我慢して下さい。効き目が出ている証拠です。」

“魔女のスティック”。これは面白いダイエットパートナーが出てきたものだ。

by さぽ

“魔女のスティック”をもっと詳しく知りたい方は・・・

詳しく知りたい方は、こちらをクリック。

発売元 株式会社ボンテック ウェブサイト
http://www.bontec.co.jp/